2009/5/29

郷土史研究会総会&放談会  

郷土史研究会に入会してえーと・・・3年目かな!?
まだまだ苫前町の歴史ついて知らないこと、勉強不足がたくさんあるわけですが、こうして苫前の歴史を知っている皆さんと世代を超えて、お話し、色んな企画に一緒に汗流すことは、様々面からもそして将来を担う私たち世代が受け継ぐべきことも知ることができ、とっても有意義です。
そして、私や同じ若い年代の会員にも、同じ目線でお話してくれることが、何より暖かく感じます。

総会は、無事に終了し、今年度の事業の話をきっかけに盛り上がりそうでしたので、続きは放談会で!!ということで放談会に移り(チセにて開催)、終始なごやかに、そしてエネルギッシュに今年の方向性や企画についてお話しました。
会員以外でも、まちの歴史について様々知っている方も多く、会員みんなで昭和を思い起こし、昭和30年代の街並みを思い出し、残してみようということになり、『やれることみんなでやってみよう!!』ということになりました。
クリックすると元のサイズで表示します


新しいことをするのに大きなエネルギーがいるわけですが、面倒くさがったりすることなく動き出そうというキモチに私もグググっと来ました。
今年も、企画し申請最中の『寄り道しようよ!羆道!!』に調査実証することの一つとして、また歴史の情報を発信するという課題についても、同時に取り組めるようになりそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

そんな話から、会員より『胡蝶の灯り』の話が出て、苫前町盤としての基礎的な資料にも成りえる(かも)という話になり、苫前の郷土史から全国、世界にその『暮らしぶり』を伝える、いわば宝物が掘り出されそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

熊嵐(羆事件)は小説、映画など多方面で取り上げられ、紙芝居も作られました(郷土史研究会作^^¥)
北海道の短い歴史の中でもここ苫前町は古より、深いストーリーがあり、来道する人にも伝える興味深いものがあると思います。

この町も更に小説や物語として受け継がれていくと、将来を担う私にとってもワクワクして、日々の活力になると思うのは私だけなのかな・・・。



とにかく、広い目でこの町を見つめたいです。
やっぱり田舎はサイコーだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ