2009/6/16

etc・・・。  

気がつくと、もうすでに6月も半ばになっていました・・・。

昨日、シーニックバイウェイ北海道の『萌える天北オロロンルート』の通常総会が終了し、4月末から続いた、各種団体など総会がほぼ終了しました。
今年度は、気のせいか非常にタイトで数も多かったように感じています。


今日、地方制度調査会が内閣総理大臣に答申がなされてようでありますので、注目し、今後しっかりと自分なりに研究、勉強しながら苫前町のあり方について考えて、町と議論をしていきたいと思っています。


先日、私用で初めて下川町にお邪魔しました。
以前にも書いたことがありますが、町の雰囲気は、そこに住む人たちの元気さ、やる気などいわゆる『気』が訪れる人たちに伝わるものです。
苫前町とほぼ同じ人口であります。とても強い気を感じました。
下川町の方と交流を持つことは、今後町のあり方を考える上においては、非常に貴重なものになると確信しています。
町の幹部の方にも、この大した面白くないなのに、『ブログを見ている』とのうれしいお声をかけてくださり、更新しないとな^^;と思っていたところです。


そこで、タイムリーにも、今議会の一般質問は『環境施策』について質問いたします。
下川町の方たちと、じっくりとお話しする時間がなかったのがとても残念でありますが、この先の将来にとって必ず通るこのキーワードでありますし、現在、シーニックバイウェイを通じても、幾分か勉強することもできましたし、アイデンティティも備わってきたかと思います。
この辺は、単に町の方向性を質すということだけではなく、自分を含めた、大人たちが同じ認識で考え、そして何より行動することが大事です。
その基礎的なものを作り出すためにも、町とお互いが尊重しあった中で、やれることの模索を始めていければとの思いでいます。



とかく、私の発言や考えが思いもよらぬ方向でとらえられていることがしばしばですが、自分を見つめなおして、反省すべきは真摯に反省し、ただ、私がこれまで主張してきたことや、発言してきたことに責任を感じながら、正しい正しくないということもあるかもしれませんが、少なくても間違ったことは言ってないつもりですし、自信を持って行動してきました。
本日の地制調の答申がいかほどの内容となったのか、たくさんの情報や出されている方向や情勢をしっかりと研究し、この町はどう進むべきか、そのための通過点としての議論の焦点はどこに向けなくてはいけないのかということを、ご理解いただけるようにしていきたいと思っている今日この頃です・・・。


なんだか、とりあえず更新したみたいな感じですが、ひと段落!!・・・と言いたいのですが、18日から議会が始まりますし、まちづくりなどのたくさんのプロジェクトが始まります、一気に駆けるのていく予感がする、今年の夏ですな。


そうそう、本日は『家庭教育サポート企業』として、留萌教育局と締結を結びました!
今後、子どもたちの規則正しい生活習慣や、親として家庭教育の大切さを考えて行動していきたいと思っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ