2010/12/30

12月29日 のつぶやき  

Ndaishi http://twitter.com/Ndaishi
12月29日 つぶやきまとめ


18:09
さて、今日は同級生と呑み会!ヘパリーゼ&オイスターでがっつりとやります!!
2010/12/29 Wed 18:09 From web

18:05
@ilvu4er 売出しの成果は、つぶやくには恥ずかしい数字です。自分が後継ぎで戻ってきて初めての悪さです。もはや、価格での売出しは限界を超えました。柱として確立したものがコレと断定できない致命的な感が否めません。それでもお得意様とのコミュニケーションは繋がってると思いますが・・
2010/12/29 Wed 18:05 From web ilvu4er宛

17:58
@toshi1966spring 西海岸(オロロンライン)は幹線道路1本で迂回路線がありません。表層雪崩や、すり鉢路面などの影響で、ライフラインの道路が通行止めなど数回起こり、事態は深刻でした。不幸中の幸いで、人命に関わる輸送や、被害が出ず、ほっとしています。が雪かきが^^;
2010/12/29 Wed 17:58 From web toshi1966spring宛

17:52
@ilvu4er かなり厳しい数字です・・・。多角経営も広げすぎる危険性と、太刀打ちできない現状の間で悩み多き締めくくりって感じです。もちろん、消費の方向は厳しい家計状況にあっては大型出費で控え気味が否めないです。それ以上にうちの店作りに課題があるのなか・・・と。
2010/12/29 Wed 17:52 From web ilvu4er宛

16:51
毎年のことだが、29日・・・この辺りから、どっと疲労感が増してくる。この3日間の雪のせいもあるのかな。半端ではないこのだるさ。でも、年に一度の連休を楽しみたい。すみません正月は3日間休ませていただきます。
2010/12/29 Wed 16:51 From web

0

2010/12/26

12月25日 のつぶやき  

Ndaishi http://twitter.com/Ndaishi
12月25日 つぶやきまとめ


16:47
ローソンではこれで決まり!!食材の宝庫!我ルートの弁当他たちです。http://www.lawson.co.jp/company/news/031767/
2010/12/25 Sat 16:47 From web

0

2010/12/16

12月15日 のつぶやき  

Ndaishi http://twitter.com/Ndaishi
12月15日 つぶやきまとめ


17:49
今日は留萌振興局長との懇談会。先日の町民劇のメンバーと。町民のみんなでつくりあげる舞台の中で、まちづくりに欠かせない精神があることを伝えたい。
2010/12/15 Wed 17:49 From web

1

2010/12/11

12月10日 のつぶやき  

Ndaishi http://twitter.com/Ndaishi
12月10日 つぶやきまとめ


18:27
これから、商工会青年部の忘年会。今年最初の忘年会です。毎年最初は良いが、だんだん最終に向かい、体がつらくなっていきます。大晦日はここ数年9時でノックアウトが続いています。今年は除夜の鐘を聞けるような調整で年末を過ごそう!
2010/12/10 Fri 18:27 From web

14:03
同級生が亡くなった。ショックだ。人の命は老いも若き関係なく、いつどこで訪れるかわからないことを痛感した。一日を一生懸命に生きること。後悔しないためにその日その時できることを噛み締める。本当にそう思う。亡くなった同級生を思うと、本当に切ない。同郷の少ない同級生を失ったことは悲しい。
2010/12/10 Fri 14:03 From web

0

2010/12/10

町民劇から感じるとても大事なこと。  

町民劇が修了した。

長い長い稽古と、長い長い舞台。
やる人も、支える人も、見る人も、みんな飽きずに良く頑張った。
飽きずにやりとおす。


実は、今回ここが一番こだわっていたかもしれない。


飽きずにということは、今回すごく大事なところだと自分は思っている。

いっぱいその要素はあるが、例えば劇そのものの内容。最後の2時間を越えていよいよということで今回この劇で見てくださった町民のみなさんに響いて欲しいと願ったフレーズ『自分たちの故郷は自分たちで守るんだ』という島ネズミの言葉。



主役からでもない、冒険者たちからでもない、いわゆる脇役のこの言葉。
飽きずにいたら、必ず届いてくれるだろう。言葉ではなく、心で。



普段から何気なく、過ごしがちなとき、他愛も無いことは、飽きたら止めてしまう。
でも、飽きずに積み重ねれば、必ず成し遂げられる。
『志あるものは、事ついに成る』


仲間に飽きず、話に飽きず、通わせることができれば、必ず人と人は繋がり、物と物が繋がる。いわゆる集団ができるというわけだ。
そして集合体の中でどう生きるかは、お互いの阿吽があって、尊重があってはじめて、機能するようになる。
得意なところ不得意なところ、そう役どころもお互いを見つめあい、自己を見つめ

飽きずに共に生きること。


シンプルなことではないか。


こんな小さな田舎まちなんか、なーーんにも無いさ。
こんな小さな田舎まちだモン、もうどうしょうもないのさ。


本当に、本当にそうだろうか。

全てではないが、この演劇でこのまちの10分の1にものぼる町民のみんなが演じて、支えて、鑑賞して、応援して、涙して、意見して、共に作り上げた、飽きずに2時間半も。いや、5ケ月も。・・・いやいや3年目の町民劇。


すごいことじゃないか。
10分の1ですぜ〜!!

札幌市90万人でいったら、9万人ですよ。


心に思うことあれば、その心に響く動き、活動を目にして感じないわけが無い。
実は、この町の良いところ、すごいこと、誇れることがあっても、今は心深くあるだけのとき。少なくても貶したり、罵ったり、足ひっぱったりはしない。つまらないことがスタンダードであってはいけないわけだ。現状は認識しているつもり。


だから自分は諦めず、飽きずに歩みは遅くても、心に置き、進むのだ。


飽きずにこの町に住み、この町の人たちと集合体で生きていくことを考えてみてみよう。



決して何もない町ではない。
経済的な直接対価が得られるものだけが全てではない。
田舎には田舎の生き方がある。
目に飛び込んでくる、大きな流れ(情報)に惑わされてはいけない。誘導されてはいけないのだ。


そう、人は支えあって生きていくものだから。
お金ではないわけだ。



忘れかけているものを、いや忘れてしまったものを思い出す要素を持っているこの町はすごいと思わないか。
そういうことを私は感じた。し、ずーっと思っている。




これは、すごく意義のあることだ。
町民劇だけではなく、色んな場面でそれは感じることが出来る。

物事の本質を飽きずに覗いてみよう。



今回、この町民劇を支えてくれた、舞台監督、演出に最大の敬意をはかりたい。そして、制作には大変な感謝申し上げたい。当然だけど、舞台装置や一緒に演じた役者のみんなも仲としてこれからも共にキモチを通わせたい。

何より、これからも集団で生活して行きたいと願う、町民のみなさんが見に来てくれたことが全てです。

ありがとうございました。



長い・・・。
飽きずに読んでくださりありがとうございます。(笑)
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ