2012/1/18

今年の重要事業の説明会が目白押し。  

年が明けて早、半月。

早いものですね。


 さて、次年度に向けた苫前町の大きな動きがあり、一つは介護保険事業計画(第5期)の策定と町内小学校配置計画から平成27年度までの国の補助がかさ上げになっている制度での耐震化の計画が進みます。


 この2つは、今年クリアしなければならないマチの大きな課題であり、数年間から未来に向けた大事な議論であることは間違いありません。


 厚生病院を診療所にし、新たに老健施設の設立に向けるとしたときもこの計画の見直しが必須でした。(計画途中)
この度は策定の時期として、向こう3年間の介護事業の計画を持って、介護保険料などが決まっていきます。


 苫前町の目指す地域の介護はどうすることが良いのか、また、マチはどんな計画を立て行くのか、議論には住民の皆さんの参加が重要です。
 数年前から、マチはアンケートを収集し、基礎資料として活用、今回の素案提案になっているようです。


 議会での議論も近々行われますが、新しい取り組み(事業や施設)が盛り込まれるようです。老健施設建設の際は、住民の方々から保険料と施設の絡みなどに不安解消と理解が不足していると私は感じて、ここの解消なくして先に進めないのではないかとしましたが、今回は、この点の解消に向けて、自分が出来ることを見極めたいと思います。


問題点や前回の教訓を生かした議論が必要となってくると思っています。


この住民説明会が今日と明日で行われます。


高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画
          住民説明会


苫前町ホームページ当該サイトは⇔コチラ【ここから意見提出できる書式や計画もダウンロードできます】

平成23年1月18日(水)
:苫前福祉センター 午後18:00〜

平成23年1月19日(木)
:苫前町公民館   午後18:00〜




 次に学校配置計画、耐震化に向けた整備計画の住民説明会も来週行われます

 こちらも、私から一般質問いたしました。かといって、自分が質問したからではなく、そもそも取り組まなくてはいけない事業でしたから、どんな進み方をするべきか、自分の考え(結論ではなく過程の議論)と教育委員会側と一般質問でやりとりいたしました。


 学校の配置については、各地域によって教育環境のあり方の思いは違ったり、年代によって考え方が違うと察しています。
 しかしながら、特に両地区の小学校は建設年度が古く、耐震構造としては、不適格な要素が強いように見えます。診断を行い、結果によって改築という方向性が出る可能性が高いものであります。


 その際に、今のまま改築していくのか、そうではなく先を見据えた議論を行い、配置の見直し(再編)を含めた議論にするのかが、大きな焦点です。


 マチの方で、内部でまとめた資料や計画の予定などが説明されると思います。議論がスタートするわけですが、こちらも住民の多くの皆さんが、参画し方向性を決めて、一日も早い子供たちの教育環境整備に着手できるよう、こちらも自分ができることを精一杯やっていきたいと思います。



        
   学校配置、整備計画の住民説明会


*苫前町ホームページにはまだUPされていませんが、ホームページ上でも情報提供される予定と思います

平成23年1月26日(木)
:苫前町公民館   午後18:30〜
*次回は苫前地区開催されるようです。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ