2015/2/9

後援会事務所開き行いました!  

昨日、2月8日(日)手打ちそば三平敷地に設置しました、とっても小さなプレハブ小屋で西大志後援会事務所開きを行いました!


本日より、この小さなプレハブ小屋を拠点として、後援会活動を行っていきます。
為書きもない、だるまもない、小さな神棚一つでまっさらの土からのスタートです。


この古丹別、先人の方々もこの地に鍬を入れ、切り開いて下さった開拓精神をもう一度呼び戻し、肥よくな土を作り、たくさんの恵みが頂けるように、すばらしいスタートが切れました!!


この事務所を設置するために、色々な方の思いが詰まってます。
手伝って下さった皆さんの気持ちを思うと涙が出るほどうれしかったです。
そして、昨日出席して下さった方々、現職に向かう何の後ろ盾もない、無鉄砲なバカ者のために駆けつけて下さり本当に感謝です。当日、来れなくてもたくさんのメッセージとご厚志を頂きましたことに感謝いたします!



昨日は自分の歩んできた道を振り返りながら、なぜ今この決断をしたかという動機をお話しし、なぜ後援会組織はこのように家族、身内にしたかということ、12年間務めてきた議員生活の中と一住民とし見た今の現状を考えたとき、何が必要なのかということをお話ししました。


大きな大きなビジョンを掲げ、そこから構想を抱き、3つのキーワードの中で、10本の柱政策を訴えます。

ほぼ練りがっています。


これから、直接皆さんと膝交えながら、訴えて、街頭に立って、このブログなどでも訴えていきたいと思います!

苫前町にこれからも住み続ける私たち責任世代と言われる若者たち、まさに背水の陣であります。一日も早くモデルチェンジをして新たな田舎づくりを始めなくては手遅れになります。残された時間は長くはありません。危機感を持つ中で、どこまで私たち若者のチャレンジが通じるか、それはたくさんの方の声を糧に作り上げなくてはいけません。

声の大きいところばかりが通じるようでは本来いけないのです。弱い立場にいる方の声を拾い上げて、オール苫前の形を作りあげて進まなくてはいけません。たった3300人の小さな田舎町です。大都市、地方都市ではできないことが、こうした小さな町ではできます。


町が何かしてくれるではなく、まちづくりの主役は町民の皆さまだということを、わたしたちの町の憲法(まちづくり基本条例)には書かれております!


今日は吹雪いていますが、まっさらな土にたくさんの根を張って、春には大きな花畑が出来上がっていくように、雑草魂で今週も張り切って活動しましょう^^¥

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ