2006/5/31

萌える天北オロロンルート!!  町の話題

昨日、ふわっとにおいてシーニックバイウェイ留萌管内ルート『萌える天北オロロンルート』の総決起大会が行われました。

シーニックバイウェイ制度の詳細についてはこちら↓
【シーニックバイウェイ北海道】 【シーニックバイウェイ検索結果】

準備会の幹事(代表)として昨年の秋から取り組み、候補ルートとしての認定を受けることができました。しかし、こうして昨日住民の皆さんと歩みだしたことの方が私は大変うれしく思いました。

くどいことを最初から言い出すとなにやら難しくなってしまうのですが、今、分権型社会の中にあっては、こうした住民自ら発案・行動することが何より、これからの私達の暮らしを築く大きな力となります。
そこに、行政は私たちと共にその使命をいかんなく発揮することでとても説得力を持ち、自信と確信のなかで一体的なまちづくりが可能となるように思います。

今まで、留萌管内は北海道という大きなブランドの中において道内外、国外からの知名度は薄いもので、外の人たちからは宣伝ベタ・商売ベタと言われ続けてきました。しかしながら、観光ビックバンが来ると言われる中、こうした今まで注目されてこなかった、発信してこなかったこの地域だからこそ、そこを逆手に取り眠っている(発信されてこなかった)宝が数多く潜在していることを大いにこのルート内、外に情報を発信することが幾つもの可能性を生むと信じております。

何より、この地域に住む住民の皆さんがこれまで様々な活動を通じて、各町々を支えてきました。その活動に自信と誇りを持っていただけるように、このシーニックバイウェイを良い意味で使わせて頂き、それぞれの町の産業団体の相互協力や近隣町村同志の連携、異業種の交流などを通じて、厳しいこの現状を打破するきっかけやヒントを1つでも見つけられることに繋がっていただけると大変、うれしく思います。

正直、この決起大会が終わってホッとしているが本心です。これまで準備と気忙しさに追われていました。
しかし、今回スタートするにあたってこれまでの準備会のメンバーが1年間スライドする形で役員として就き、更に活動やルート内の市町村同士の情報の共有や連携のために動くということになり、また私が代表を務めることとなりました。
重責がありますが、何とか頑張っていきたいと思っています。

萌える天北オロロンルート頑張れ!
でココをポチっとお願いします。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ