2006/8/11

西 大志  大志のキモチ

どうなんだよーー!西よ!!

昨晩、とある町民の方々と懇談した。

私の任期も最後の年ということもあり、これまでの私の動きを振り返りながら、どうしなくてはいけないのか今一度、考えさせられるものであった。

今の町の流れや町の状況に対して、やはり私は何をしてきて、どんなことを発してきたかなかなか伝わりにくく、伝える努力が欠如していると感じさせられた。

町民のみなさんの率直なところは、いくら公民館に何時に来てください、話しましょうとしても足が向かないというのが本当のところで、もっとピンポイントに接しなくてはいけないのではないかとのご意見だった。

そうなんだよな・・・。この間にも街頭に立ってみようかとか色々考えてみたりした。その時の協力者や理解者をもっともっと作らなくてはいけないということを私は怠っていたと自省している。

ただただ独りよがりで、言ってる事、やっていることは見方を変えると受身だったり、がむしゃらさを欠いていたりと。
キモチを伝えることにどこか抜け落ちた、自分の中の弱い緻密さに欠けた部分が今、取り返すことができない時間を無為にしてしまったような思いが日に日に増してきているという現実に直面している。

仕事のこと、家族のこと、様々な活動、議員としての活動、全て自分で背負い込みながらどこか自分で歯車を狂わせ、正解なのか不正解なのか自問自答の中その答えはころころ変わる・・・。これでいいんだ!これじゃだめなんだ・・・。その繰り返し。
結局のところ、自分の役割を果たすことができたのかどうかすら訳がわからなくなりながら中途半端だったことに気が付く。

しかし、時はすでに中途半端では全てを失ってしまいそうな強烈なキモチが自分の中を巡る。

だからこそ小さなことも大きなことも決断が必要な時と感じるし、自分らしく行きたいとも思う。
正直なところ、ん〜〜〜〜!ビール飲むか・・・。ってな具合で過ごしてきた日が多くあったと思うし、先日のオシム監督の発言に『日本は遊んでいる』(一言一句正確ではないかもしれないが)と言った。意味は、サッカーはそんなものではない。もっとサッカーに生きるもの。プライベートも何事の前にもサッカーに生きなくてはうまくいかないということ。ガツンときたなぁ。自分もそうかもな・・・。

地方を取巻くこの状況で、今、私が最も望むことは私自身に言い聞かせることも含め、情報を伝達する手段を確立し、しっかりと住民のみなさんも考えられるようにお互いの情報を共有しあうこと(パフォーマンスヌキの)と住民自治の早い確立であること。最も基本のことをしっかりと行いたい。

本当にここから作り直さなくては、取り返しのつかないことになる。
本当だ。

住民の方々のご意見をしっかりと受け止める。

よし。

キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ