2008/9/1

春と秋にやってくる。  

春と秋にその遊びを堪能する。

春は春でフキやらワラビやら、ウド、コジャク・・・いっぱいありますわね。
秋は秋できのこやら、きのこやらきのこやら・・・

あとは、やっぱり川ガニ!!

週末、子どもたちを連れて、どれどれ、ちょっと早いかもしれないけど、1時間だけということで行ってきました。

タコ糸とその辺にある石ころだけで釣る原始的な方法。
この方法の利点は、ころころと釣り場を変えられる。川の様子からカニのいそうなところを見分けるという経験値を要するところが面白い。

そして、直にえさに食いついているカニをその目で見て、取り上げるところが醍醐味。
クマガ二がついていようもんなら、そりゃ、焦るんだな。
網持っていなければ、素手で取るもんで、指捥がれないかなとか。

えさは、サンマ、シャケのアラで勝負。

釣果は・・・
まさかまさかの20パイオーヴァー
クリックすると元のサイズで表示します

こっこはというと、やっぱり春(産卵期)には勝てませんね。
でもしっかりと旨いカニを春以来久しぶりに食しました。

子どもたちは・・・適当に遊んでいます。
お兄ちゃんは、それでも自分の仕掛けた糸で2ハイ釣り上げてましたわ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ