2005/4/28

ローカルマニフェスト  大志のキモチ

明日から、大型連休のはじまりです。小さな町では、連休の話はでるものの、普段と変わらない休日なのかな?考えることが多くあります。
そんなこんなで、自分の商売の仕事も、このうちにやらなくてはいけないことが山ほどあるし・・。夜は一年で最も、何も無い日が続くので本当の気持ち、ちょっと安らぐ。前々から、興味をもち、結成大会にも参加したローカルマニフェストの勉強をしたいと思ってます。結成大会後も様々のところから資料をひっぱりだしててみても、とても必要性を感じる。私たちのまちは、分権が進んでいるということを胸を張っていえるのかというと何ともいえないし、その体制が整われているとは決していえない状況です。行政体制を整えることのチャンスであった合併もしっかりと利害関係ばかりが先立ち、支離滅裂といったような状況だったかな。本来、切り離されて、考えられなくてはいけないものも、ごっちゃになり分権を進めるには遠い議論になってしまったと思います。事実、先日の衆議院補欠選挙ではないが、住民(国民)が選挙に対する感覚などがわかりにくかったり人ごとのように思われるような選挙というのが実態で、田舎では、地縁・血縁・利権が先に立ち、本来の住民のため(が)という感覚が抜けきれません。根本的な部分が選挙であり、それが、町をつくり住民が生活することになります。
分権を進めていくことが、様々な面で問題を解決できることが多いはずですが、しっかりとした方向性がみえずらいのが現状でしょうか。そこを改めて、田舎なりの田舎の自治を確立をしなければ、この、逆風、逆流を乗り越えることができずに、将来、まちは消滅することにもなりかねない現状が今起きている。農村・漁村がほどんどの北海道の田舎がなくなっていまうことはどんなことになるのだろう?いや、その前に、やっぱり自分たちがもう一度、振り返り、考えることでしょう。そんなことで、このGWはしっかり、時間を大切に使わせてもらい、ローカルマニフェストを更に勉強したいです。

キモチが伝わりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ