2009/7/2

TV取材や青森からの視察団。  

6月は、あっっっという間に過ぎ去った感じです。
いつも、言い訳がましく書いていますが、本当に6月はなんだっていうくらいのハードスケジュールでした。

机の前にある月間予定表は全て埋まってしまう(全て埋まることは過去になかったんですが)状況でしたToT

7月は少し余裕を持ちたい感じですが、スタートからやいのやいのってタイトな状況が続きます。

本日は、青森県から私たちの取り組み(シーニックバイウェイ)について視察を受けました。北海道観光の中にあって、私たちの地域は、名だたる地域から見て見劣りするように思っている方が多いと思います。
しかし、決してそうではなく、この田舎っぷりは他に誇るこの地域ならではの風土であります。奇しくも、視察された方から、有名な地域を回ってきた後だからなおさらかもしれませんが、リゾート開発されていない、きれいに整備されているわけでもなく、ありのままの暮らしぶりの姿に、北海道らしさというか、田舎らしさを感じてくれたようで、うれしい言葉をいただきました。

また、青森でこれから広域的に地域のまちづくりに取り組もうとする中『周回遅れのトップランナー』を自称する私たちの活動に共感を持っていただき、地味で、苦し紛れの切羽詰った、危機感の中であがきながら、足元見つめた活動と、とらえて頂き、青森でも地域おこしに成功することを願いながら、終始身近な暮らしの話を交わすことができました。

先日、北海道内某局のテレビ取材を受けましたが、どんなことでも、今一度考え、見つめなおさなくてはいけない時期にきています。
安易な結論に至るのではなく、しっかりとした議論、検証をしながら進めることが大事のように思います。



これまでの書きたいことが山ほどありますが、明日、明後日のプレゼンや打ち合わせなどの準備を進めなくていけません。


プレゼンでは、苫前町やこの周辺地域に必要なこと、私たちのことをもっと知っていただきながら、いろんな方々との繋がり、人脈づくりにがんばって来たいと思います。



もっと、普段自分がどんなことをしているのか、発信しなくてはいけないなと思いつつ、恐縮してしまうこともしばしば。
もっと自信を持とう・・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ