2016/1/13

新春を思う  

昨日は苫前町商工会の新春懇談会でした。


商業部会として新しい取り組みを進めてきました。
なぜ?今年から企画物を増やしているのか?


苫前町はご存知の方も多いかと思いますが、苫前地区と古丹別地区と2つの市街地があります。
これだけ離れていては簡単に買い物やサービス業の利用も・・・というのが今まで。


確かに、これまでの商工会の中でも苫前と古丹別それぞれの商業部会があって、サービス業、飲食店もそれぞれがバラバラです。
今取り組んでいるのは、町内の商店、サービス業、飲食店がゆくゆく一つの部会として苫前町内の商業者たちが一丸となって商売、地域振興に取り組めるように進めているものです。

ですから、今回のスタンプラリーも商業部会以外のお店やサービス、飲食店も参加していただき、イベント付合同チラシの発行も苫前・古丹別一緒に取り組むものです。


実は、チラシ発行というのは各商店では案外厳しい現状があります。たくさんが集まって一緒に発行することが出来れば、また次に繋がります。


商店(路面店)で買い物という事自体が薄らいでいる中で本当にこの先、量販店や宅配販売だけで地域が成り立つのかどうかを住民の皆さん交えてもっと深く考えなくていけない現状に来ています。

私の生業が商売ということだけに、言いにくいこともあったのですが、実際このままで良いのかというのは町全体で考えなくてはいけないことの一つです。
商売に限らず、それぞれの分野でも単純な話ではないはずです。


もっと地域全体でこの厳しい時代を乗り越えていくために顔合わせて話をすることが一番大事かと思います。

さて、そういう中で各産業の方々とも懇談できました。
今の自分にできることをやるということですが、なかなか思うようにはいかないし、期待に応えられずに落ち込むこともあったりするわけですが、諦めてしまえばそこで終わりになってしまいます。

今の暮らしがずっと続くのか、続けるべきか、自分たちで住みやすい暮らしと変化させていくか、そういう感覚とやるべきこと、決断すべきこと、決別すべきこと、これからはより一層しっかりとした理念や理想を掲げていくことの大事さに改めて気がついた昨日の日でした。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ