2015/6/9

現場を知る  

周りをよく見て、自分を見つめ直す。



良い時間を過ごしている半面、町民の皆様方隅から隅までしっかりと顔合わせ、ご挨拶、状況を認識していく作業に遅れをとっていることに反省しています。


連日、明け方から浜で過ごし、昼から野畑で作業をしたり、自分の業務その合間を縫って、これからの私自身もそうだけど、この苫前町の進むべき道、進まなくてはいけない方向、そこをどう伝えるか・・・。情報の受発信、まちづくりとやりたいこといっぱいありますが、まずは一歩一歩という思いでいます。


おかげ様で、顔合わせて頂いた皆さんからは『元気そうで良かった』という言葉を多くかけて頂けます。

こちらこそ、そういうお言葉掛けてくれることに元気を頂けます。


いずれにしても、町全体の事を考えた時、どこが根幹であって、苫前という社会が成り立ち、どこが不足していて補いが必要なのか、不効率なところは改める勇気と新しいことへのチャレンジ。


端的に言うとそういうことかなと。

政治家である以上、政治的なテクニック、見解、先見、様々なスキルアップが必要なことは言うまでもない。しかし、私に不足していた安心感や安定感。

そこの力をつけなくてはいけないことの一番は


『現場を知る』


今の私は、これに尽きます。

思いとしては、様々な分野でのということがありますが、足元をしっかりと固め、理解してくれる支援者の皆さんに感謝しながら、その信頼関係をより深いものにしていきたいと思います!
4

2015/5/29

異端児な私はいつまでも!  

今日でホタテの稚貝出荷がほぼ終了しました!!
私が手伝ってきた田植えの方も昨日でひと段落しました^^¥


ゴールデンウィーク明けから始まった、一人産業支援機構デモバージョン!

漁は海に出ること、浜での作業どれも命がけで、大変な作業ではあるものの、働いているみんなの人柄の良さや気風の良い浜独特の雰囲気が、自分としては、性格的に合っている気がしています。

また農作業は辛抱強く働く皆さんと共にすると、自分は強さを持たなくてはいけないと思い知らされます。


こんな素晴らしい田舎の暮らしぶりが苫前町にあって、繋ぎ合わせによる一次産業を軸とした、就職先の創出は一番の喫緊の課題ということも身をもって知ることが出来ました。


それは何故か?
回帰の志向を持つ若い出身者たち。労働力や共に働くパートナー不足。そこにある、通年ではない、短期や単発の人手不足。


なぜ、マッチングしないか。
なぜ、しようと動かないのか。

このまま、人がいないから縮小しなくてはいけないんだ。もうやめるんだ。


じり貧まっしぐらが良いはずがないと自分は思います。


苫前町はこれから、こうして潮にまみれながら、泥にまみれながらも、近代的で効率のよい機械を使いこなし方法を活かし、人間らしく、田舎人らしく、心温かく暮らすことが目指す姿なのです。


これまでのフロンティア精神、戦後復興や高度経済成長、様々な時代の中を過ごし、国に進めを委ね、北海道に矛先向けて・・・。


私たち田舎町は今に至る振り返りやこれからの将来ビジョンを描き、進んできたでしょうか。
今が良ければそれで良いということの代償・・・孫子の代まで返しきれない、この国の借金は1000兆円を越えてしまった。

ホタテ1枚、ご飯1杯の米、おかずのかぼちゃ1個。
これ売って食べてもらって、稼いで・・・莫大に膨れ上がった借金しかり、大きな視点からのこの国の対策がある中に、このわずかな田舎、地方の動きを中央はどれほど見ているのだろうか・・・。


もう、田舎に住む私たちは、気がつかなければいけません!


私たちがどう生きるかは、私たち自身で意思を決定していかなくてはいけない。
間違いなくそうであります。
(この国の国民であることに誇りを持って、共存することが当然大前提ですよ)


選挙中訴えた事の全ても、私が見ている15年先、30年先のこの国の田舎、地方の形は中央任せ、中央への依存では間違いなく良い結果ではないことは私が見えているんです。
でも、これはみんなの感覚とはまた異質なものであったということも、今回でよくわかったし、こうして町民の皆さんの懐に潜り込んでみて身にしみてわかったこともありました。



でも、今回、一つだけ言いたいこと
『それでも私は異端児であること』いや、あり続けていようと思う。

偽善者呼ばわりでも、生活のためだとか、何でも言っていただいて全く結構なんですが、それでも私は正直に、正攻法で純粋に綺麗事の中で、現実を追い求めています。

私の異端児ぶりがこの町のためになるように、帰郷後から変わらぬ信念でしっかりと歩みを進めます!!
12

2015/5/20

苫前町元気玉大作戦のプレ展開^^;  

古丹別サンダース→古丹別中学校野球部→旭川工業高校→東海大学札幌で大活躍した『太田俊哉』さんが3月末に古中にコーチしに来てくれたことが、町の広報紙に掲載されています!


札幌6大学野球(1部)でベストナイン、優秀賞に輝いた古丹別出身のスター的な存在です!!


ここに住んでいようと、住んでいまいと苫前町を思い活躍してくれて、ふるさとに何かできることをと考えて、動いてくれることが実は、これから先の超過疎化の中でも、非常に大事な要素です!


楽しみにしていた『苫前町元気玉大作戦』(苫前町循環型まちづくり構想10番目の柱政策)も足がかりはつけたいです!


元気玉は悟空の最後のとっておきの必殺技!

自分一人ではなく、垣根を越えた元気をいっぱい集めて、夢へと繋げるんです!・・・と思いはとてもとても深かったんですが、如何せんドラゴンボールを知っていないと、イマイチ通じませんわね(苦笑)^^;


何にしても、俊哉!!頑張れ!そして社会人野球でも苫前出身の野球人として輝けよ〜!!^^¥


頑張る人を心から応援できる町にしていこう!クリックすると元のサイズで表示します
7

2015/5/18

続!産業支援と街頭演説!!  

月曜街頭演説!!


今日は古丹別地区公民館前で行いました。午後からの始業始めの時間に合わせ、向かいました。幾人か立ち止まって聞いてくれて感謝です!ToT


今日も元気に午前1時半に起きて、浜に行きました。一時待機をしながらも出漁!稚貝出荷も大詰めですが、今年は遅れていて今月いっぱいかかるようです。うねりが残り、少しビビりながら沖に向かいました^^;当然ですが、ビビっているのは僕だけですが(笑)



これから商工会青年部の部員拡大のため、新部長が意欲満々でいますので、私サポートとしてついていきます。新部長の思うように、失敗もありながら、何とか成功体験を重ねて頂きたいです!


今年は、食に絡んだ取り組みも行おうということもあって、楽しんでまちづくり活動していきましょう!



そして、いよいよ今週から田植え作業が始まります!


漁の行方次第ですが、第2弾!!一人産業支援機構の農業『田植えバージョン』で一次産業に携わっていきたいと思います^^¥

漁と農を掛け持ちしての日もあるかと思いますが、体力が続く限り、まちの現状と課題、そしてすばらしさを体感していきます!クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
7

2015/5/11

運命は神様から与えられました!  

一人産業支援機構(ホタテ漁)は、今日の出漁は受け手側の状況により、沖にでませんでした。そこで、今日は出勤した3時から10時まで、かごの修繕などを!!


色んな方とコミュニケーションがとれて、そして仲良く、和気あいあいな雰囲気がとても心地よくお仕事させていただきました!!
う〜ん、苫前にはこんな素敵で、地域愛も持てる雇用の場があちこちにあるのにな・・・。もったいない!


田舎には働くところがないという概念(都会的な仕事)をどう捨てて、田舎での暮らし方を確立するかにかかっているような気がしています。

浜も、山も同じ、資源も農地も山林も宝があって、埋もれていて、人間くさい暮らし方の仕事があって、どこも人手不足です。働く場はいっぱいあります。繋ぎ方なのかな・・・。そこ次第でいくらでも拡大できる可能性が十分にあります。


いっぱい体験して、いっぱい引き出し作って、いっぱい育ててもらいます。そして、いっぱいいっぱい恩返しがしたいです!!



昼から、今週の街頭演説を、苫前地区信金さん前の交差点で!!

コーヒー差し入れてくれた先輩の優しさに、思わず涙があふれました^^;

その後、わざわざ車止めて
『家族みんなで応援してたけど、もう少しおばさんの応援が足りなかったわ』
と涙ながら話してくれたおばちゃんがいました。



私はとてつもない幸せ者です。



本当に、みなさんに幸せになってもらうために、少しは寝ますが、一生懸命勉強し、体張って頑張ります!!!!クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ