2010/2/2

崩れ行く地域。  町の話題

新聞紙上で報道があったとおり、苫前町もこの医療圏域としている、道立羽幌病院の医師が7名からこの春に4名体制になるという報道がなされました。


新聞に載る前に羽幌の仲間の方から連絡があり、内容を聞きました。


4名になることで、夜間、救急の患者の受け入れは困難となる見通しで、留萌市立病院がまずは、担うことになるとのことです。


ただ、このことは正式決定であるのか、それとも今後の協議においてまだ変更されていくのかは現段階ではこれ以上の情報がありません。
ただ、道立羽幌病院は地域センター病院としての位置付けから、数年前より、小児科、産婦人科医師の不在を皮切りに、色んな展開があり、その後整形外科などの医師も不在となり、体制は縮小していき、現在に至ります。

この春からは、内科診療も午前のみとのことで、地域センター病院としての体をなさない状況になると・・・。


救急体制も、状況に合わせた対応を余儀なくされますが、それとて、あまり時間も無い、搬送時間の延長から、そもそもの圏域の見直し、救急体制の強化に相応の時間を要することになると考えます。(致死率の上昇にも繋がってくるでしょう)


ドクターヘリが飛ぶから良しではないし、救急体制を強化したから良しでもありません。

そもそも、この管内、圏域は幹線道路が海岸線に位置し、迂回道路は一山越えていかなくてはなく、命綱の道としては1本、このような地域に2次医療を担う病院が無くなる(留萌市立病院は南端にあるが)ような状況で、情報インフラは都市部、他地方と比べて格段に状況は悪く、公共において等しく暮らしができるという状況ではありません。


このような、あまりに急な展開と、取り残され『命』が危ぶまれるこの地域に陰りを作り出すようなことは、本当に良いのか、真剣に考えさせられます。


現状に甘んじることなく、少しの無理もたたれば、大きな痛みとなり、気がついたときには手遅れな状態になります。
この数年は、こうした状況に後手後手になることが本当に多く、地域の病院を住民のみんなでバックアップし、守るという行動を怠ったことも事実。行政として、住民の命、健康に対して、あるべき姿と手立てを実直に行えてこれなかったことも事実。政治から接着剤的な役割、政策の提言も足りなかったことも事実。

もう、責任のなすり合いはやめましょう。


結局は誰が悪いということではなく、少なくても地域センター病院を核に圏域内の病院や診療所、消防署が連携をとり地域の医療を守ることが誰しも口にし、理解していていたところでしょう。


今必要なことは、必要とされていること以上に行動を起こすこと。
これ以上、後手後手で、住みにくい町をつくらないとうこと。
みんなで超党派で、右も左も関係なく、今の現状に解決するための策を講じること。


私一人では、できないことがほとんどです。
決起集会をやるなり、その後、病院のバックアップを考えるなり、住民運動を展開するなり、もっともっと地域医療について共に勉強していくなり、そんな行動を共にして頂ける人が一人でも多く出てくれると、それは必ず大きな力になります。



最近、ブログにて表現することに躊躇、葛藤の日々がずっと続いていますが、みなさんの地域がどんどん足元から崩れていく様をこのまま何もせずにいることは、忍びありません・・・。



みなさん、どう思われるでしょうか・・・。
0

2008/8/20

『もがき』ますっ!!  町の話題

気づけばじゃないですが、このブログの更新も散々ですわ^^;

それでも、最近、どこか吹っ切れたのかあまり肩に力入れすぎずにやっております(苦笑)

早くもって思うくらいこの7月8月は突っ走ってきました。
今日なんかは朝の冷え込みもめっきりと秋めいて、朝、外に出ると『秋のにおい』がしましたね。

そんな四季のにおいってありますよね!?
僕はすごくにおいってわかるんですよね。特に春が好きです。あの春のにおいは何ともいえない心地よいキモチになります。

さてさて、お前は何をしていたんだって。
色々ありましたよ。^^

これ、古丹別の方ならもしかしたら、目にしている方もいるでしょうが、前回も紹介しました。
『寄り道しようよ!!羆道!』っていうプロジェクトです。
こんな看板↓↓↓
クリックすると元のサイズで表示します

毎年、古丹別市街を抜け、ヒグマ事件現場に訪れる方が多いことは皆さん知っていると思います。僕は、本当にこれが来町者の限界か!?って思っていたんですぅ。

人口が減るのを食い止める、更には人口増ということは現状認識から、厳しい現実だと思います。あえてそこから目をそむけるのではなく、考えたとき、いかに交流人口を増やし苫前のファンを作るかという方策を講じていくか・・・。というのが、非常にこれからは重要なのだと思います。
そこで、幹線の国道232号線から、この苫前町に1時間でも多く、留まってくれて、この豊かな風土(生産物を含めて)や歴史、文化に触れていただくかという手法を考えました。

企業誘致でもない、一過性の経済政策ではない、将来にわたりこの町を誇りに思い、郷土愛を育み、自信を持って町外の方々と交流するかということ。結ぶつきの結果が観光という言葉になるのでしょうか。
観光では無理とか、この町は何も無いとかということは、実はそのことがマイナス要素であり、何も無いことはマイナス要素ではありません。プラス要素なんです。

今回はテクニックとして、この町でしかもらえない、ましてやその惨劇があった復元現場にいかなければもらえない、限定フラッグを作成し、北海道や苫前町がどうして集落を作り、みなさんの食べ物を精魂込めて作っているのかということを知ってもらうことは大きなプラスであります。
そのフラッグを求めて、来てくれた方が結構いるんですね。
フラッグをもらうには、アンケートに答えて、アンケートを設置している市街地の飲食店、ガソリンスタンド、各商店に立ち寄らなくてはいけません。
そこで、色んな交流が図られます。
また、来ようと思ってくれる方が少なくありません。



ほら、気づいてください。



仮にそんなファンになってくださった方が30人でもいたらその人が『北海道に行ったら苫前町ってところのこういうところに行ってみな』と言ってくれると交流人口は右肩上がりに増えますよ。その方々がファンになってくれるような素材は宝箱のようにこの町にはあるのだから。
お金を使ってくれるとか、観光産業だとかは、その後の結果の話であって、その中間のやらなくていけないことをやらずにいては、何も前に進みません。

そんなことうまくいかない、そんな遠まわしなことしたって意味が無いと言われるかもしれませんが、私は、それでも修正しながらでもこうしたことをしていきたいと思います。そんなことを考えていると議員になる前に戻れたような感じがしているのです。
だって、こういうことをするのは、議員だろうが、商工会青年部だろうが、何だろうが気づいた人がやるという、他人任せであっていけないんですね〜。

まー。実際この事業がどうなるかは、結果として検証していく作業をしながら、形は変わっていこうとも、もがきたいです。(笑)


チラっとアンケート見ましたが、ヒントや姿が見えてきてると思いますよ^^¥

それで、ブログも作っています。どーぞ。
『寄り道しようよ!!羆道!』
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/8/2

心地よい忙しさ。  町の話題

いいじゃないですか。

って、毎年のことだけど、今年はいつもと違った事業展開をしています。
お盆のふるさと祭りはいつも通りですけどね。

風車まつり(よさこい北北海道支部大会)も勝手が違いましたし、そんなに大変じゃなかったんですが。

シーニックに関連して、2つの新規事業を展開しています。
幹線道路からわき道に入り、寄り道してもらおうと言う企画。苫前町は知っていても内陸に入って、古丹別という市街地があることを知らない人が多い。それに伴って、開拓の礎を知ることができる周辺集落。そしてなにより、忘れてはいけない惨劇であった『三毛別ヒグマ事件』と今だからこそ伝えなくてはいけないメッセージがあります。

最近、思うんですけどね。
原油高、原油高とマイナスって考えることが多く、確かにそうなんです。内閣改造より原油高・・・。そうなのかな??
タマゴの価格が上がって・・・マヨネーズも・・・困る。
そうなのか??
生産している人たちの姿を間近で見ていると、『いやいや、まだ安いって!』
そもそも、こんな贅沢な暮らしは本当にひと時の夢物語なんだと思うと、人が人として生活する。動物や自然と共存しながら暮らしていくことを考えたら、何だか変なキモチになっちゃいます。

毎日、そんな品数の飯食べていただろうかな!?
ほんの最近のことだよね。
ごはんに味噌汁、もやしのアレンジしたおかず。子どものころだってそれだけじゃなかったかな。

そんなことを思いながら、開墾を粘り強く行ってきた先人の方を偲ぶと、今を生きていくメッセージがひしひしと伝わります。

そんなことは思わない方もいると思いますが、実際にこれから迎える日本の暮らしは、近いものがあるかもしれませんよ。

そんなことを考えながら、地域の中で生きている私。
本質はみんなと共に生きる。このまちの暮らしの共有です。
テンデンバラバラでは、何も前に進まないし、逆に暮らしを共有することで、解決すべき課題もはっきり見え、何より、田舎の強みが今だからこそ発揮されるのだと思います。

何も無いことは大きな武器。そこから知ることも、あったことも、つくることも、計り知れない可能性が眠っています。
その行動を起こすことでこれまでの私の愚行を帳消し前に進みたいと思っています。


そんなんで、こんなことをやってみます。
みなさん、まずはこの町の交流人口増やしましょう!!
そこから、真摯に知恵と繋がりいただきましょう!
住む人が少なくても、田舎らしい暮らしの中で、ちょっとやそっとの変化にへこたれない地域を作って、色んな人にも支えていただき支えていきましょう。
その原点から再スタートです。
『周回遅れのトップランナー』ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/28

チャレンジデー2008  町の話題

今日はチャレンジデーですよ!!

毎年参加のこの行事。
年を追うごとに、定着し、チャレンジデーとは何ぞや!?の説明は不要になってきましたが、反面『あー、そうだった・・・』と報告を忘れてしまいがちに。
チャレンジデーとは!?

そこで今年、数年続けているこのチャレンジデーですが、どうでしょうか、今年はみんなに呼びかけて、勝利目指して、健康に意識を持ち15分の運動をしてみましょう!!

きっと、健康に対して、運動に対して興味をもつきっかけになっていきますよー。

ちなみに、今日は色んな町内の方々のブログでも紹介されていますよ〜^^

みんな参加しましょう!
ちなみに当店でも報告書回収BOX設置しています。是非、報告に来てください。
ついでに、普段皆さんが思っている、考えている、こんなことやってみたいとかありましたら、情報もよろしくお願いします。

ちなみに過去の記事↓
チャレンジデー過去記事

ポスター貼ってます^^
クリックすると元のサイズで表示します

回収箱です!(レジ横にあります)
クリックすると元のサイズで表示します

旗も立ててます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/22

今年も発生、林野火災  町の話題

昨日、昨年に引き続き今年も林野火災が町内で発生してしまいました。

私もその日は、出張や会議などが入っていなかったことでサイレン吹鳴と同時に出動できました。

前の週で林野火災に対する予消防の協議会が行われ、昨日、午前に火災予防のパレードが行われたばかりで、とてもタイミングが悪い今回の出火でした。

しかし、起きてしまった火災まして林野ですから、原因究明もあろうかと思いますが、いつやってくるかわからないわけですから、昨年あったから今年は無いなどという保障はないわけで、まして自然発生的におこる災害であれば、誰も止めようがないわけで、昨年の教訓をしっかりと生かしながら、最小限の火災に食い止める場面です。

昨年の火災とは、まったく違った様相で、バチバチと激しい音を立て、時折火柱のように激しく燃える場面もありました。発生場所が林道際ということもあり、消火活動においては、昨年よりも条件としては活動しやすかったと思います。
しかし、火の手は昨年より早く回ることを考えると、迅速な対応が求められます。

全体的に迅速な対応が出来ていたのではないかと思います。
今回も、北海道の防災ヘリや自衛隊が出動し、対策本部を構えながら消防職団員が消火に当たります。役場職員も後方支援や時には最前線でも活動していました。
さすがに協議会開催直後ということもあったり、連携という部分と前回の教訓がいかされているところがあったと思います。
火災に限らず、あらゆる災害時にこうした活動を糧に生かされるように、危機管理や対応について協議することで、危機管理のスキルはあがるように思いました。

ただ、細部においてはそれぞれ課題や改善点がまだまだ残ったと思います。
誰が良い悪いの話しではなく、町民の生命、財産を守るということを念頭にこの後、しっかりと協議なされ、対応を築いていければと思います。

幸い、民家などに影響がなかったかもしれませんが、地球環境、自然には悪影響を及ぼしてしまう事態になったわけですから、こうした観点から、地球環境や自然に対して私たちは、日々どういった心構えをもたなくてはいけないかということを、今一度、みんなで考えたいものです。

みなさん共に頑張りましょう!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ