2006/12/5

本当の姿  我が愛しのポエム

山の奥に見える
本当の姿

海の中にある
本当の姿

偽りと必要手段との狭間で
人は何を求め生きるのか

真理の心と好んだものへ
生き抜く証をどこに見つけ出すのか

欲望渦巻くこの時勢
欲望の形が違うだけ
色んなことが起こり
色んなことを考える




結局は個々に委ねられる感情のまま
人はとやかく物言い



結局は個々の判断の過ちを
人はあたかも邪険に扱う



結局は
人は
寂しさこの上無い



こんな状態が
本当にあるべき姿なのか

未来は
今が無いと
未来は無い

今だけではない
未来のことを思い

そして
子どもたちは

今日も一日が終わる

ありがとうございました
0

2006/7/21

複雑・・・。  我が愛しのポエム

言い知れぬ不安から

我を忘れ

未来への光を

遠くに思い

何ができるのかも

何をすべきなのかも

訳がわからなくなる

日々の葛藤の中

元気なこどもたちの

姿を見ると

我に返る

不変なことは

しっかりと根を張ってかなくてはと思う

キモチ・・・

何事でもなくただただ素直に

生きることへの喜びを感じよう

それが最後の砦

欲ではなく素直な

キモチで

みんなが見えて来るはずだと信じている

今が

そして未来が

0

2006/3/18

格差の詩  我が愛しのポエム

カッコつけて
表面の薄っぺらなツラを
大見栄張って・・・

格差社会
流行の言葉のように
軽く感じさせるごとく
その言葉を乱費している世の中

勘弁して欲しい
全然簡単ではない

自分もそうかもしれない
差がついたとされている低いところは
高いと呼ばれるところの人には
決してわかるはずも無い

そうした高いとさせている人たちだけで
あたかも、正論ぶって話するとは
違和感を感じる

だけど、確かにそういった人たちが
引っ張らなくてはいけないという状況であれば
もう少し、気遣いや説得力ある言動を
示して欲しい

格差という産物は
今に始まったということではない
長い年月をかけて
そのパワーを溜めるが如く
しっかり蓄積されてきた

そりゃ、爆発するだろうよ

人ごとのように言うなよな

どうすりゃいいかわからいくせに

便利で豪華な生活はわかるが
不便で質素な生活はわからないでしょうよ


キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。


0

2005/12/22

わからんくなる  我が愛しのポエム

子供の屈託の無い笑顔
やさしい顔した年老いたおばあちゃん
活き活きと根を張る草木たち

何にも悪いことなんかしていないんだよ

だのに、時代は変わる

知らなければ良かった!?
知ってなかったら大変だ

俺が知ったからって何になるのよ
無情すぎる

ちくしょう!

なんか見えて来るんだよな・・・

嫌だ嫌だって
やっぱり俺も逃げたくなる

越えられそうで
なかなか越えられない壁
やっぱり間違いなのか

胸騒ぎがひどくて
胸を開けて掻き毟りたくなる
体に悪いね

どうしたら良いのだろうか
苦し紛れもありなのかな

物が欲しいかね
物が無ければだめなのか
頭の中がぐちゃぐちゃだ
わからんくなる


とにかく


子供たち
何にも悪いことなんかしてないんだよ


0

2005/10/28


秋が深まりを増す
一年がとてつもなく早く過ぎる
そんな感覚を覚えるのは
一年一年経験を重ねた証だろうか
充実しているのか
慌てているだけだろうか
もがいているだけだろうか

それでもやっぱり
時は過ぎ待ってはくれない
酷といえば酷に感じる時もある
人の心はそんなに早いものなのか
時間とキモチは得てして
比例するものではなく
一頻り酔った自分をみつめる

私が地球の一部なら
変化と不変のなか
居られることの感謝を持ちたいもの
わたしは自然になるべき
順応しきれなかったとしたら
枯れていくのか
枯れたことの原因に気が付いた時
後悔しない世界であって欲しいと
願いつつ

わたしは今日も生きる


しんみり系だね
でココをポチっとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ