2007/2/11

オノ・ナツメ『not simple』  マンガ

クリックすると元のサイズで表示します

古くは、つげ忠男の『無頼の街』とか、比較的、新しいところでは、ひぐちアサの『ヤサシイワタシ』とか、ひたすらどこまでも暗くて読んだ人の気持ちを落ち込ませるようなストーリーのマンガになぜひかれるのかは自分でもよく分からないのだけれども、オノ・ナツメの『not simple』もまた、その救いがないストーリーにひかれずにはいられなくなる、独特の磁場を形成しているようなマンガ作品であると言えるだろう。
しかし、その飄々とした絵柄のタッチのためなのか(はるちょんさんによるとオノ・ナツメは「2パターンの絵柄を描き分けてる」とのことで、実際、『リステランテ・パラディーゾ』の絵柄に比べて『not simple』の絵柄は余計なものを剥ぎ取ったかのように線がシンプルなタッチになっていて、同時に岡田史子のマンガのようにどこか神経質なものも感じさせる絵柄のタッチなのであるけれども)、あまりにも淡々とした展開や、残酷なことをごく自然に飄々とした会話にしているネームのやり取りのためなのか、どこまでも救いがないような暗い話を飄々と、まるでごく身近な日常のひとコマであるかのように読ませるものだから、その暗さにひそむ悲しみを感じなくてもついすいすいと読めてしまうのだけれども、それだけにじわじわとボディブローのように後から効いてくる、静謐な余韻があることは認めるしかない。してみると、ストーリーと絵柄との落差がこのような余韻をもたらしているのだろうか?(しかし、決してストーリーと絵柄が合っていないというわけではなくて、むしろ、絶妙に合致していると思うのだけれども。)
まあ、新しい作家が出てくるたびに「新しい才能」という言葉を使うことにどれほどの意味があるのかはよく分からないし、「新しい才能」といって褒め称えてももしかしたら何も意味していないのかもしれないけれども、それでもとりあえずオノ・ナツメには「新しい才能」という言葉を使ってみたいと思うし、同時に、どこか、「いま」の、「いま」という時代をとらえた切実な何かがやっぱりあるような気もしてきてしまうので、「いま、新しい才能」のマンガ家であるとふと言ってみたくなったりもするのだけれども・・。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ