2007/5/14

高野連のゴタゴタ ーいっそ野球の専門学校でもつくったら?  スポーツ・将棋

高野連のゴタゴタ。
そもそも最初はプロ野球の球団から裏金を貰っている選手、保護者、アマ野球関係者がいるという問題だったのに、いつの間にか、野球特待生への奨学金がいけないという話に。たしかにアマチュアスポーツの精神からすれば問題があることかもしれないが、今までずっと問題にしてこなくて取り締まってもこなかったことを突然、問題にしても現場は混乱するばかり。野球特待生が予測していたのよりもずっと数が多かったことが分かり、高野連も慌てて処分する方針を変更。それにしても、そうした実態を把握していなかった高野連はこれまで何をやっていたのか?とあきれるが・・。
これまで問題にしてこなかったことを突然、問題視したために自らにゴタゴタの種をまいてしまったという、何がなんだか、わけが分からない話であるが、これは要するに建て前と実態があまりにもかけ離れていることの歪みが噴出したのではないだろうか? 建て前でいくらアマチュアの精神なんて言っていても、高校野球が、全国大会の全試合がテレビ中継されるという、巨大なビジネスであることはあまりにも明らかだ。高校野球にお金が絡まないはずがないのだ。

では、どうすればいいのか?
僕の考えを言うと、ここまで来たらいっそのこと、野球の専門学校をつくることを認可して、いくつか、つくってみたらどうか? 全国の中学校を終えた野球に優秀な能力をもつ若者たちはこの専門学校を受験して、合格したら堂々と野球に精魂を傾ければいい。堂々とプロ野球選手になることをめざして学べばいい。家庭の経済事情が苦しい者には学費を免除してもいいだろう。野球の専門学校なのだから野球が優秀な生徒を特待することになんら問題はない。
一方、普通学校では野球特待生への奨学金制度は廃止する。
高校野球全国大会は、これまで通り、普通学校は普通学校で行なう。平行していくつかの野球の専門学校はリーグ戦を行ない、その年の優勝校を決める。そして、全国大会の普通学校の優勝校と野球の専門学校の優勝校とが最後に試合をし、真のチャンピオンを決めればいい。もともと野球の専門学校には野球の能力に優れた生徒が集まっているわけだから勝つのが当然なのであるが、普通学校でも全国大会を制覇したのならかなり強いはずで、野球の専門学校相手でも善戦し、もしかしたら普通学校の優勝校のほうが勝つかもしれない。それはそれで盛り上がって面白いと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ