2005/5/6

パレスチナ地方選挙第三回投票  イスラエルとパレスチナ、中東

*民主的に選挙をしてハマースが勝ってしまうのは、いくらイスラエルがそれを好まなくても仕方がありませんね。

(ニュース)
パレスチナ地方選挙第三回投票(5月5日)
 5日、西岸・ガザの計84の地方議会で一斉に選挙が実施された。昨年12月に開始された一連の地方議会選挙の第三回目にあたる今回は、西岸地区のベツレヘム、カルキリヤ、ガザのラファハ各市を含み、全体で906議席をめぐる争いになる。公式の開票結果発表は8日だが、6日中にも大勢は判明すると見られる。
 AP通信やアル・ジャジーラ電子版によれば、アブ・マーゼンはハマースに対して閣僚ポストと引き換えに、7月実施予定のPLC選挙を年末まで延期することを提案、ハマースに拒否されたという。
 4日にラーマッラー県の村でイスラエル軍と武装ゲリラが衝突し、ゲリラ2名が殺害されるなど、停戦は今回も崩れはじめ、西岸地区の治安権限委譲も延期された。アブ・マーゼンとファタハの人気が下降線をたどる中、今回の地方選挙でもハマースに圧倒されるようなことがあれば、7月のPLC選挙に及ぼす影響は甚大になるかもしれない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ