2008/3/24

『月の出の決闘』  映画

『月の出の決闘』
1947年 大映京都 監督・脚本 丸根賛太郎 撮影 中田節三 出演 阪東妻三郎

神保町シアターで。
『素浪人罷通る』に続いて、米軍の占領下でGHQによりチャンバラ禁止令が出ていた中でつくられた時代劇映画を見てしまった。
伊藤大輔は「刀を抜かない侍」の話という形でチャンバラ禁止令を逆手にとったわけだけど、丸根賛太郎の場合はどうしたのかというと・・

い、いやー・・
参りました。これはなんという美しいストーリーなのか!
後半はほとんどずっと目頭が熱くなりっぱなしだったけど、チャンバラ禁止令が出ている中で、よし、それならこういう話をやってやろうじゃないか・・とこんな話を考えついてしまうカツドウ屋ってやっぱり頭がどうかしていると思います(笑)。
GHQの人たちもつい感動してしまって、チャンバラシーンを検閲でカットすることが出来なかったのではないでしょうか(笑)。
丸根賛太郎こそが真のカツドウ屋であったことを気づかせてくれる、至福の傑作。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ