2005/5/12

不良少年の夢  映画

『不良少年の夢』
花堂純次監督、中岡京平脚本。
しっかりとしたいい映画だった。
ヤンキー先生として知られる義家弘介氏の高校時代の実話を描いたものだが、全体に淡々としたタッチで進みながら、ディテールがつながっていくエピソードの積み重ね方が練られていてしっかりしている。たとえば爪のエピソードからマラソン大会へ行くところとか。さすが中岡脚本。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ