2008/6/1

『アフタースクール』  映画

むむ、これも面白いことは面白いんだけど、基本的にあまりにやっていることが『運命じゃない人』と同じなので・・。『運命じゃない人』を見ているので、前半でほとんど最後までストーリーが予測できてしまい、後半は予測した通りだったので、今回は驚きはなかった・・。ちょっと残念。うーむ、というか、ミスリードがうまくないのかな・・。緻密と言えば緻密なんだけど、逆に緻密すぎてまったくストーリーと関係ない無駄なシーンがないので「ああ、これはこういうのの伏線だな」と分かってしまうんだな・・。『運命じゃない人』は初めてだったので驚きだったんだけど、今回はかまえて見てしまっているわけだし・・。あと、出だしから、「ええ?それはあり得ない。明らかに不自然。ということは・・」というシーンが多いのでネタが読めてしまうんだな・・。『運命じゃない人』を見て、かまえて見ている観客をさらに騙すのであれば、もっとストーリーとまるっきり関係ないシーンを入れてミスリードをする必要があるように思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/6/2  15:54

 

 ガソリン問題も後期医療制度もそしてそれへの政府の対応にも腹が立つ。この中で、止め処なく滑り落ちるワーキングプアの拡大に最も怒りを覚える。「プレカリアート」(注)社会への怒りである。
 (注)ウィキペディアより:プレカリアート(英precariat、仏précar 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ