2008/6/26

『ドモ又の死』  映画

現代(平成)の薬物の更生施設に入れられているジャンキーな女の子たちが、大正時代の有島武郎の戯曲の芝居を演じる様を描いた・・という、よく分からないストーリーだが、雰囲気はちょっとリヴェットの映画みたいで(分からないなりに)面白くはあったけど。大正時代と現代が交錯するあたりが興味深い。やっぱり今の時代と大正時代とは通じる何かがあるんだと思う・・。
なぜか、萩尾望都先生が役者として出演しているのだが(監督は少女マンガファン?)。
でも、まあ、こういうわけがわかんない映画を撮る監督はやっぱり「天才」だよなー。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ