2008/9/29

C型肝炎訴訟 生き残っていく薬害企業  公害・薬害・環境・医療問題

*C型肝炎訴訟、原告、弁護団が被告企業の田辺三菱製薬(旧ミドリ十字)と和解したが、被告企業に対する損害賠償請求権を放棄した・・というその内容にちょっと脱力。はっきり言って、企業の側は、責任を認め、謝罪したというけど、損害賠償をしなくてもいいのであるならば謝罪といってもほんとに口だけの謝罪であるわけで、痛くないと思うよ・・。こうしてまたこの旧ミドリ十字という会社は生き残っていくのか・・。
これではなんで裁判をしていたのか・・。こういう形の和解で良かったのか・・。うーん、後々、しこりが残りそうです。

(ニュース)
薬害肝炎訴訟 患者掘り起こし課題 問題解決ほど遠く
9月29日8時0分配信
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ