2009/12/31

◎「私たちはここに残る」外国パスポート保持者、ガザにとどまることを決意  イスラエルとパレスチナ、中東

転送・転載可 

*****************************************

「私たちはここに残る」 
外国パスポート保持者、ガザにとどまることを決意

2009年1月2日 ガザ

*****************************************


イスラエルは外国のパスポート所持者に対し例外措置として、安全のためガザを離れることを許可しているが、ガザにとどまりパレスチナ人と運命をともにすることを選んだ外国人たちがいる。

アルベルト・アルケ(スペイン)は救急車に同伴して病院から報告を続けてきた。
「イスラエルはガザの人々に対して自分たちがおかしている罪を目撃されたくないのです。国際ジャーナリストや支援団体はここにはいません。ぼくらがガザを去ってしまったら、いったい誰が、ぼくたちが今、目にしているこの戦争犯罪を証言するのですか。

12月28日、ぼくは、ラマとハヤー・ハムダーンの二人の姉妹の瀕死の目を見つめました。ラマは4歳、ハヤーは12歳、二人はイスラエルのミサイルに殺されました。ぼくがそこに認めた彼女たちの人間性は、ぼくたちの人間性と何一つ違ってなどいない。ぼくたちの命は彼女たちの命より価値があるのですか?」
アルベルト・アルケ――国際連帯運動

パレスチナ系南アフリカ人のハイダル・イード博士は言った。
「これは歴史的瞬間だと思う。このガザの大量虐殺は、南アフリカで1960年に起きたシャープヴィルの大量虐殺と類似している。この事件の結果、アパルトヘイトに対するBDS[ボイコット、投資引き上げ、制裁]キャンペーンが始まった。

2009年のガザの大量虐殺は、イスラエルのアパルトヘイトに対するBDSの運動をより激化させるだろう。南アフリカのアパルトヘイトでは、BDSキャンペーンによってついにはネルソン・マンデラを監獄から解放することに成功し、のちに彼は、民主的かつ多人種的かつ多文化的な南アフリカ共和国の、初の黒人大統領となった。だから、イスラエルのアパルトヘイトに対するBDSキャンペーンも、すべての市民が平等に遇される一元的国家を生み出すにちがいない」

イード博士は、ガザのアル=アクサー大学の社会・文化研究の教授である。彼はまた、イスラエルに対する学術的・文化的ボイコットのためのパレスチナ・キャンペーン(PAGBI)の実行委員会のメンバーであり、「民主的一国家」 One Democratic Stateグループの創設メンバーの一人でもある。

ナタリー・アブー・シャクラ(レバノン)は語った。「彼らはレバノンでも同じことをしました。でも、レバノンでは、激しく爆撃されたところもあったけれど、安全なところもありました。ガザでは、安全な場所などどこにもない。この人たちをどうして残して行けますか?生きるなら彼らとともに生きます。それができないなら、彼らと死をともにします」
ナタリー・アブー・シャクラ――国際連帯運動

「イスラエルが国際ジャーナリストの[ガザ立ち入りを]禁じているために、ガザの声はさらに押し殺されてきました。この地の現実を外の世界に発信することは、イスラエルによる攻撃の違法性に光を当てるために不可欠です。私たちは最近になって救急車に同伴するようになりました。医療従事者に対する攻撃を報告するためです。これはジュネーヴ協定違反です。苦しむ家族たちの姿を目にし、私もその苦しみを感じてきました。彼らをおいて出て行くことなどできません。すべての市民が、イスラエルの攻撃の前で身を守るすべがないのです。私たちはとどまって、ガザの人々に対するイスラエルの攻撃の本質をあばき続けるつもりです」
ジェニー・リネル――国際連帯運動

「イスラエルは、ガザを離れることができる者を決めているだけではありません。誰が入ることができるかも決めているのです。私は、家やモスクや大学が粉々に破壊されているのをこの目で見ました。市街地でミサイル攻撃がどれほど人々を恐怖に陥れているかも分かりました。死んだ子どもたちの姿も目にしました。家から30メートルのところをイスラエルが爆撃しているのに、家のなかに閉じ込められてしまった家族が叫ぶのも聞きました。ガザの人々、150万の人々すべてが、これらの違法な攻撃から逃れることができないのです。

私たちの命が彼らの命以上に大切であるなどということはありません。彼らが苦しんでいるかぎり、私たちはとどまります。彼らと連帯するために、そして、イスラエルが邪魔して外国のジャーナリストに公表されまいとしていることを報告するために」
エヴァ・バートレット――国際連帯運動

「ガザのパレスチナ人は、イスラエルが課している封鎖のせいで世界から孤立しています。今、私たちにはここを離れる機会が与えられましたが、ガザの人々にそのような選択肢などないのです。ガザの家族たちと連帯してここにとどまること、それはイスラエルの暴力がおぞましいまでに増大しているなかで決定的に重要なことです。私は封鎖の影響をこの目で見ました。民間人に対して現在進行形で振るわれている暴力も見ています。私たちはイスラエルの違法な政策の犠牲者たちの側に立ち続けます」
シャロン・ロック――国際連帯運動

「イスラエルによって犯されている人道に対する罪を耐え忍んでいるガザの人々と連帯して、自分にはここにとどまる責任があると思います。ガザの全住民に対するこの物理的、心理的、政治的戦争を止めるために国際社会が行動しないのであれば、国際的監視者、ジャーナリスト、活動家がここガザにいなければならないのです。

私たちはこの目で見て、報告し、止めなければならないのです、どこであろうと、ガザの人々に対してイスラエル占領軍がおかしている戦争犯罪を。イスラエルは人道に対する自分たちの罪を目撃されたくないのです。でも、ガザの人たちは違います。彼らは言い続けています、「どうか、私たちの身に起きていることを世界に伝えてください、こんなことが起きるなんて信じられません」と。彼らは最悪の事態となることを恐れています。誰もが脅え、恐怖に突き落とされています。私はここを離れません。イスラエル占領軍こそ国際法に従って、パレスチナを去らねばならないのです」 
エヴァ・ジャシウィッツ――自由ガザ運動


「エレツ検問所は国際監視員や医薬品をガザに入れるために開放されるべきなのであって、〔私たちを〕外に出すためではありません。私たちは、封鎖およびこの間の爆撃で死ぬ人たちをじかに見てきました。イスラエルの違法な軍事行動によって私は大勢の友人をなくしました。私たちはパレスチナ人と連帯し、この暴虐非道を報告し続けます。国際的監視者である私たちには、国際社会がイスラエルによるガザ攻撃の現実について知ることができるよう保証する責任があるのです」
ヴィットリオ・アッリゴーニ――国際連帯運動

国際人権活動家たちは、12月31日、イスラエルのミサイルでインターンのムハンマド・アブー・ハセーラと医師のイハーブ・アル・マスーンが殺害されてから、ガザ地区の救急車に同伴するという活動を続けてきた。国際活動家たちはマスーン医師が亡くなったとき、ベイト・ハヌーンのカマール・アドァーン病院にいた。

ガザにとどまっている人権活動家たち

アルベルト・アルケ(スペイン)、
エヴァ・ジャシウィッツ(ポーランド/英国)、
ハイダル・イード博士(南アフリカ)、
シャロン・ロック(オーストラリア)、
ヴィットリオ・アッリゴーニ(イタリア)、
ジェニー・リネル(英国)、
ナタリー・アブー・シャクラ(レバノン)、
エヴァ・バートレット(カナダ)

(訳:岡 真理)

Foreign passport holders in Gaza decide to stay
- “We will not leave”
January 2nd, 2009 | Posted in Press Releases, Gaza Region | Edit
2nd January 2009, Gaza:

Despite the exception that Israel is making or foreign passport holders to
allow them to leave Gaza for safety, some of the foreigners have chosen to
remain and share the fate of the rest of the Palestinian people.

Alberto Arce (Spain) has been accompanying ambulances and reporting from
hospitals; “Israel does not want witnesses to the crimes that it is
committing against the people of Gaza. International journalists and aid
agencies are not here. If we leave who will testify to the war crimes we are
seeing.

On the 28th December I looked into the dying eyes of sisters Lama and Haya
Hamdan, four and twelves years old, killed an Israeli missile. The humanity
I saw there was no different from our humanity. Are our lives worth more
than theirs?” Alberto Arce - International Solidarity Movement.

South African-Palestinian Dr. Haidar Eid said; “I believe that this a
historical moment. That this massacre in Gaza runs parallel to that of the
1960 Sharpeville Massacare that took place in South Africa which led to the
initiation of the BDS Campaign against Apartheid. The Gaza massacre of 2009
will intensify the BDS campaign against Israeli apartheid. In Apartheid
South Africa, the BDS campaign ultimately led to the release of Nelson
Mandela being released from prison to later become the first black president
of a democratic, muliti-racial, muliti-cultural state in South Africa. So,
the BDS campaign against Israeli apartheid must result in a unitary state
where all citizens will be treated as equals.” Dr Eid is a Professor of
Social and Cultural Studies at Al Aqsa University, Gaza. He is also on the
Steering committee of the Palestinian Campaign for the Academic and Cultural
Boycott of Israel ( PACBI) and one of the founding members of the One
Democratic State Group.

Natalie Abu Shakra (Lebanon) stated; “They did the same thing in Lebanon,
but while in Lebanon some places were under heavy bombardment, some places
were safe. In Gaza nowhere is safe. How can we lieace these peole behind, we
will either live with them or die with them” - Natalie Abu Shakra -
International Solidarity Movement

“With the Israeli ban on international journalists, the Gazan voice has
been further muted. Communicating the reality on the ground with the
external world is essential to highlight the illegality of Israel’s
attacks. We recently started accompanying ambulances to document the attacks
on medical personnel, which is a violation of the Geneva Convention. I have
seen and felt the suffering of families and cannot leave them, all the
civilians are vulnerable to Israel’s attacks. We intend to stay and
continue exposing the nature of Israel’s attacks on the Gazan people. ”
Jenny Linnel - International Solidarity Movement

“Israel not only decides who can leave Gaza, but also who can enter. I have
seen the demolished houses, mosques, universities and have felt the impact
of terrorizing missile attacks in civilian areas. I have seen the dead
children and heard the screams of families trapped in their homes as Israel
bombs 30 meters away. The Gazan people, all 1.5 million of them, are unable
to escape these illegal attacks. Our lives are no more important than theirs
and we will stay during their suffering in solidarity and to document what
Israel is preventing foreign journalists from revealing.” Eva Bartlett -
International Solidarity Movement

“Palestinians of Gaza have been isolated from the world by the Israeli
imposed siege. Now we are being given the opportunity to leave, an
unavailable option for the Gazan people. Staying here, in solidarity with
Gazan families, is crucial during this horrific increase in Israeli
violence. I have witnessed the effects of the siege, I have seen the ongoing
violence towards the civilian population. We will continue to stand with the
victims of Israel’s illegal policies.” Sharon Lock - International
Solidarity Movement

“I believe I have a responsibility to be here in solidarity with the people
of Gaza who are enduring crimes against humanity perpetrated by Israel. If
the international community will not act to stop this physical,
psychological and political war on the entire population of Gaza, then
international observers, journalists and activists are needed here in Gaza.
We must witness, document and stop wherever possible, the war crimes being
committed by Israeli occupation forces against the people of Gaza. Israel
doesn’t want witnesses to its’ crimes against humanity, but the people of
Gaza do. They keep telling me, ‘Please, tell the world what is happening to
us, we can’t believe what is happening to us. They fear the worst,
everybody here is terrified and terrorized. I will not be leaving, it is the
Israeli occupation forces that need to abide by international law’ and
leave Palestine.” Ewa Jasiewicz - Free Gaza Movement

“The opening of the Eres Crossing should be used to transport international
observers and medical supplies into Gaza, not out. We have seen firsthand
the deaths caused by the siege and more recent bombings. I have lost many
friends because of Israel’s illegal military actions. We stand in
solidarity with the Palestinian people and will continue to document the
atrocities. As international observers, we have the responsibility to ensure
that the international community has access to the reality of Israel’s
attacks on Gaza.” Vittorio Arrigoni - International Solidarity Movement

International Human Rights Activists have been accompanying ambulances in
the Gaza Strip since the murder of medic Mohammed Abu Hassera and Doctor
Ihab Al Mathoon by Israeli missiles on the 31st December. The international
activists were at the Kamal Adwan hospital, Beit Hanoun, as Dr Mathoon died.

Human Rights Activists staying in Gaza:

Alberto Arce - Spain

Ewa Jasiewicz - Poland/Britain

Dr. Haider Eid - South Africa

Sharon Lock - Australia

Vittorio Arrigoni - Italy

Jenny Linnel - Britain

Natalie Abu Shakra - Lebanon

Eva Bartlett - Canada


****************
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ