2009/4/4

『REPO! レポ』  映画

まさに2000年代の『ロッキー・ホラー・ショー』と言うべき快作。こういうロックSFゴシックミュージカル(?)はあまり見たことがないから新鮮。
サラ・ブライトマンの歌声はほんとに凄い。
パリス・ヒルトンがああいう役をやっているというのもネタとしても面白い。

監督は『ソウ』シリーズのダーレン・リン・バウズマン。この監督は、抜群に物語の語り口がうまいと思うイーライ・ロスや、ホラーの見せ方がうまいアレクサンドル・アジャと比べると、ストーリーの語りの面がやや弱いかなと思っていたんだけど、やりたかったのがこういう世界だったのなら話は別かも。これはもう、ストーリーの語り口がどうこうというより、映像と音楽をいかにミックスさせていくかの純粋な追及の世界という感じですからね。こういうロックSFゴシックミュージカルはこれまであまりなかったジャンルのものではないかと思うので、ぜひ、今後も極めていって欲しいものです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/4/9  0:03

 

ファンタスティック!

死にいたる奇病が流行する2056年。生まれながらの難病のため一度も外出をしたことがなかった17歳のシャイロは、ある日、医療会社「ジーン社」の社長ロッティにそそのかされて、禁断の外界へと足を踏み出す。こういうのは好き好き大好き。ダークなSF 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ