2009/4/11

『イエスマン』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

傑作!
コメディなのに泣ける。ジム・キャリーは偉大だとマジで思った。
ジム・キャリーの「一人称コメディ」部分も、見事にシチュエーションコメディとして設定にハマっていてまったく浮き上がっていません。
新興宗教的なセミナーみたいなのをネタにして、楽しめるコメディにしているというのも凄い。
さらに、ラブコメというのか、ラブストーリー部分も抜群(ズーイー・デシャネル、最高!)で、しかも、途中まではラブストーリーのシーンとそれ以外のシーンとが別にあるという感じで、別の話がそれぞれ進行しているとも思えたのですが、それが見事に合致していくんですね。こういうのが構成の妙なのだと思った。
ほんとに凄くよく出来たシチュエーションコメディ。やっぱりアメリカ映画はうまいなぁー。脱帽。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ