2009/5/2

『ミルク』  映画

オペラが出て来たのに、これは何?と一瞬、思ったが、その後の展開になるほど、これがやりたかったのか・・と納得。こうした実験的と思える作り方をはさむのは、やっぱりガス・ヴァン・サントなんだな。

政治家としては有名になっていくハーヴェイ・ミルクだけど、私生活の面ではうまくいかなかったというあたりを描いているところが痛切。元々、カミングアウトしていこうとしたのは、私生活の面でたびたび悲しいことがあって、そういうことを含めてそんな自分はもう嫌だと思ったからであったはずだったのでは? 痛切。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ