2009/7/2

再び子供の長期脳死について  公害・薬害・環境・医療問題

*臓器移植法改正の問題についてはリンク先に現在、入れている以下で活発な議論をされているので、参照して欲しい。

臓器移植法改正案についての意見交換ページ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terutell/index.htm

*僕個人の考えを整理のため、改めて書くと、僕は臓器移植そのものに全面的に反対というわけではないし、現行法の臓器移植も認めないという考えではないのだが、子供の場合は長期脳死が多いことなどが報告されているし、子供にも臓器移植を広げることには慎重さが必要であるように思う。なので、現在、対案として参議院に出ている「子ども脳死臨調」をもうけるという案に賛成する。
子供の長期脳死については、A案に賛成する議員などから、無呼吸テストなど、法的に脳死判定されるまでクリアしていないケースが多いので、そもそも脳死ではないのではないか?という疑問が提出されているようだけど、そうだとしても、その長期脳死の子供たちは、無呼吸テストまで行なって、つまり法的に脳死判定をする場合と、医学的にはほとんど同様なことをしたとしても、やはり脳死と判定されるのかもしれないし、その点は結局、現在の段階では医学的にたしかめられていないわけである。子供に長期脳死が多いことが、無呼吸テストまでは行なっていないからかどうかは分かっていないわけである。なので、子供にまで臓器移植を広げるのであれば、やはりこの点をまず医学的にたしかめ、解明する必要があるのではないだろうか?と思う。
現実問題としては、「子ども脳死臨調」をもうけるという対案が通過する可能性は少なく、もし通過するとしたらA案のほうなのかもしれないけど、たとえA案が通過して子供にまで臓器移植が広がることになったのだとしても、「子ども脳死臨調」も同時にもうけて子供の脳死判定についてより厳密に審査する必要性があるのではないか?と考える。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ