2009/10/9

今こそ、日本政府はアメリカ政府に「核先制不使用宣言」をすることを呼びかけよう!  原爆・原発問題

まだ「宣言」しただけで結果を出したとは言えないオバマ大統領にノーベル平和賞を与えるのは早すぎるのではないか・・という意見ももっともだとは思いつつ、ここはそういうひねくれたことを書くのではなく、オバマ大統領に受賞に値するだけのことを実際にしてください!と前向きに期待を寄せておきたい。
そもそも具体的に、今、日本が出来ることがあるではないか。
何かと言うと、日本政府が、アメリカ政府に「核先制不使用宣言」をすることを呼びかけることである。今、日本政府が呼びかければ、ノーベル平和賞受賞の勢いにのって、オバマ大統領がそういう方向に動く可能性はかなりあるのではないかと思う。
もちろん、「核先制不使用宣言」はすぐに「核廃絶」に結びつくものではないけれども、まず「核先制不使用宣言」をしないことには「核廃絶」も何もないことはたしかだろう。
岡田外相は核先制使用を認めない考えを個人的な考えとしてすでに表明してはいるけれども、はっきりと政府見解としてこれを表明し、アメリカ政府にも宣言することを呼びかけてはどうだろうか。
現在のところ、岡田外相があくまで個人的な考えとして表明しているのは、外務省の官僚は核先制不使用に対して抵抗(反対)が強く、それを押し切って実現できるかどうか、見通しが出来ていないからではないだろうか。しかし、鳩山首相や岡田外相がはっきりと政府見解として表明し、さらにアメリカ政府がその呼びかけに応えて世界に向けて表明したならば、もはや日本の官僚が抵抗してどうなるということではなくなってしまうのではないだろうか。
今こそ、鳩山首相や岡田外相は英断を!
これは世界的な問題であるので、ほんとに実現すれば世界の歴史に名が残りますよ!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/10/10  17:22

 

受賞おめでとうございます


[日本経済新聞より↑9日、ノーベル平和賞授賞を受けホワイトハウスで声明を発表するオバマ米大統領〔ロイター〕]

[日本経済新聞より↓オバマ米大統領へのノーベル平和賞授与を発表するノーベル賞委員会関係者=9日、オスロ〔AP〕] 

2009/10/10  9:50

 

今年のノーベル平和賞にオバマ米大統領が決まった。

就任してまだ1年たっていない政治家の受賞は異例。
実績よりも、期待に対して与えられた賞といえよう。アメリカだけでなく、全世界が期待している状況は、まだ続いている。それはすこし過剰にも思えるが・・・・。
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ