2009/11/2

『無防備』  映画

市井昌秀監督。
これはけっこう面白かった。
なるほど、こうしたミニマルな映画はこういう見せ方をすれば面白くなるのか・・と妙に納得したのは、フリスピーとかクモとか、ちょっとした小道具の使い方がいいんだな。小さなちょっとした小道具を使って、必要最低限のものを見せることで映画を成立させようとしている。歩き方とか、走り方とかも、シーンごとに工夫していて、微妙に違うものになっていて、それが映画の緩急のリズムになっている。
こういう描写が出来て、それが2人の女性の心理描写になっているわけだから、この監督は本当に男性なのか?とつい思ってしまう。まあ、監督を女性とか男性とか性別で見ようとすること自体が間違いなのかもしれしれないが、男性監督でこれだけ女心が描けるなんてそれだけで感心してしまう。
監督は鬚男爵の元メンバーという、つまりはお笑い出身の人らしいが、お笑い出身の人なのにもかかわらず、いや、だからこそなのかもしれないが、具体的に見せ方を確立している。
ただ一方で女心は実によく描けていると思うのだけど、逆に旦那や男の側が何を考えているのか? 何を託してこういう夫婦像をこの監督が描こうとしているのか? そこらへんがよくつかめなかったと言えばつかめなかったのだけど・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ