2010/2/9

トヨタの闇  時事問題

下記の本に詳しいが、欠陥車をどこよりも多く作る、不良品メーカーでありながら、マスコミの巨大なスポンサーになることでその事実を隠し続けて来たトヨタ。そうしたマスコミ操作がきかない米国発でその実態が暴かれてしまったのはあまりに自然な展開だったのかもしれない。

『トヨタの闇』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%81%AE%E9%97%87-%E6%B8%A1%E9%82%89-%E6%AD%A3%E8%A3%95/dp/4828413995

しかし、アマゾンでの上の本の読者レビューを読んでて面白いなと思うのは、けっこう、こんなの、大企業だったら当たり前なのでは?といった意見も散見されることだろう。実際、大企業ならごくごく当たり前の、どこの大企業でもやっているような話・・なのかもしれないが、こうしたことが当たり前だと思ってしまう、我々の感覚こそが実は麻痺してしまっているのではないだろうか。トヨタの闇とは、我々、社会の闇であり、我々、社会の「病み」なのかもしれない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2010/2/15  16:24

 

第8弾=近畿大のO S教授と東京海洋大の婁教授との繋がり
 今回の登場人物
  ・低レベルの拡張主義者集団とその仲間たち
        (癒着時代所属)    (「盗作」時代所属)
O S(お○ せ○○○○○)
        東京水産大学教授   近畿大学・ 

2010/2/11  11:42

 

   第7弾=「論文盗作」問題に係わる
         6人への質問状
 今回の登場人物
  ・「論文盗作」3人組
      事件前所属        事件後所属
婁 小波
    東京海洋大教授      東京海洋大教授
中原 尚知
  近畿大・水産研究所・C 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ