2010/9/19

尖閣諸島  時事問題

前原が新しい外務大臣になったのを見て、ああ、そうかぁと思ったのだが。
尖閣諸島をめぐる、中国漁船の船長逮捕の一連の動き、これは菅政権が、小沢一郎が政権の座についた場合との違いを出そうとしている一種のパフォーマンスなのかな、と。
尖閣諸島についての日本の主張が正しいかどうかはおいといて、というか、どんなに主張として正しかったとしても、とにかく船長逮捕のようなことをすれば中国内で騒ぎが起こり日中関係がゴタゴタすることになるのは予測できる展開であるわけで、まあ、そういう面倒な事態になるのをさけるためにとりあえずそういうことはしないで「棚上げ」しておこう・・というのが慣例的な日本政府の対応であったのだけど(正しくはないかもしれないけど、まあまあですませちゃうというのも、大人だったらありだと個人的には僕は思う。大人は、汚いこと、ズルイこともするから大人なのであるから・笑)、今回、なぜあえて逮捕して、いまだに釈放しない強硬姿勢を日本政府がとっているのか?
これは、菅と小沢が党首の座を争う民主党選の最中に起こった出来事だったということがポイントではないだろうか。つまり、中国寄りと見られる小沢だったらこのような対応はしないだろうし、小沢が仮に選挙で勝ってて小沢政権が発足していたらこの船長はすぐに釈放されたかもしれない。しかし、小沢政権とは違うんだ、菅政権は中国に対して断固とした姿勢をとる政権なのだと小沢との違い、カラーを出そうとして菅政権は今回のような対応をとったのではないだろうか。そして、前原を外務大臣にしたのは、そのような、小沢が政権の座についた場合とは異なる対応をとり続ける政権であることをより鮮明にしようとしたものなのではないか。
この菅政権の戦略が功を奏して、国民の支持が小沢より菅の方が大きい要因のひとつになっているのだとしたら、まあ、菅政権も、言われるほど、まったく無能というわけでもないのかもしれないと思う。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ