2011/4/2

御用学者と言うけれど・・  原爆・原発問題

昨日は4月1日で菅首相はなんでも言えたはずなのに、それほど、思い切った発言がなかったようなのが残念。まあ、毎日が4月1日みたいなので・・。

・・と書いたものの、政府が隠蔽とか、嘘をついているんじゃないかとか、言われているんだけれども、どうもそれも違うのかもしれないなあと僕は思う。嘘をついているわけではなく、政府は本当にそう思っているのかなあと。

また、「御用学者」みたいなことが言われていて、東京電力からお金をもらっている御用学者が、意図的に嘘をついて、安全でないものを安全と言っているのではないか・・という主張もあるのだが、前々記事で分類してみたんだけど、どうもそうではなく、いろいろな見解の学者がいるというだけのことなのかもしれないなという気が僕はしている。

http://blue.ap.teacup.com/documentary/1748.html

つまり、テレビに出て、この値なら、放射線を浴びても安全と言っている学者がいるのは、別に東電からお金をもらっているから嘘をついてそういう発言をされているわけではなく、本当にその人はそう思ってそう言っているのではないだろうかと思うのである。
だから、「御用学者」はけしからんみたいな批判はちょっと違うのではないかとも思う。
だが、問題は、自らの研究の範囲で本当にそのように考えて発言されている専門の研究者(学者)の方の知見が、間違っているかもしれないということだろう。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ