2011/5/7

中部地方の皆様、脱原発宣言を。これは誇れることだと思います。  原爆・原発問題

あくまで一時的なストップであり、浜岡原発が廃炉になるわけではないとは言え、菅直人総理が浜岡原発全面停止の決断をされたことは画期的なことであり、積極的に評価したい。とにかく、原発を止めることが出来るという前例を示したことは大きなことだと思う。
他にも、日本には何十年も使い続け、老朽化している原発の施設は多い。しかし、原発は廃炉にするのは後処理のコストが膨大にかかるという事情もあり、なかなか廃炉の決断が出来ないでいる。福島第一原発の事故はその結果として起こったとも言えるものであり、仮に福島第一原発をもっと以前に廃炉にしていたならば・・と、歴史にもしもはないのかもしれないけれども、思わないではいられない。

とりわけ、浜岡原発は中部電力、唯一の原発であり、中部電力管轄の中部地方では実質的に原発抜きの社会が成り立つこととなる。報道では、夏のピーク時などに電力不足が予想されるのでそういう場合は関西電力から電力を借りてくる必要があるとしているが、中部電力管轄の人達が節電などに心がければそうならなくても十分にカバーできるのではないかと思う。
この際、中部地方の方々は節電に心がけ、原発抜きでも社会が成り立つことを示し、「脱原発」社会のモデルを全国に先がけて示されたら、いかがだろうかと僕は思う。
全国に先がけて「脱原発」宣言、「脱原発」社会の実現・・これは、胸を張って誇れるようなことだと僕は思う。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ