2011/6/20

カネミ油症:民主党、救済法の素案示す  公害・薬害・環境・医療問題

(ニュース)
カネミ油症:前農相、救済法の素案示す 被害者に直接説明
 民主党の「カネミ油症対策を進める議員連盟」代表の山田正彦・前農相は18日、長崎県五島市で開いた「カネミ油症五島市の会」との意見交換会で、基金による医療費支給など被害者救済法案の素案を示した。被害者団体への直接の説明は初めて。同会の宿輪敏子・事務局長は「全面救済の突破口になる」と歓迎した。

 油症の原因物質であるポリ塩化ビフェニール(PCB)は、PCB特措法に基づき国や関係企業が拠出した基金で廃棄処理しており、国も毎年数億円支出している。素案は「体に蓄積されたPCBを廃棄処理する」との観点で、この基金から医療費や通院費などを出せるよう特措法を改正する内容。同議連は近く自民、公明両党に素案を示し、合意を得れば今国会中に超党派の議員立法で成立を目指すという。

 意見交換会には被害者約50人が参加。事実上の救済法を評価したうえで「被害者の3分の1は亡くなり、残ったのは高齢者だけ」「生きているうちに医療費の借金を返したい」などと訴え、補償金や健康手当などの実現も求めた。山田前農相は「最初から満足できる法案にはならないが、皆さんの要望に沿って改善する」などと答えた。【椿山公】
(毎日新聞、6/19)

http://mainichi.jp/seibu/shakai/archive/news/2011/06/19/20110619ddp041040005000c.html


患者救済、国会提出へ 五島で山田氏、油症の法改正検討

 民主党「カネミ油症対策を進める議員連盟」の会長、山田正彦前農相は18日、五島市内であった油症患者との意見交換会で、ポリ塩化ビフェニール(PCB)関連2法に患者救済の内容を加えた改正案を立案して今国会中に提出し、成立を目指す考えを示した。
 PCBは油症の原因物質。PCBの適正処理を進める特別措置法と、PCB廃棄物処理基金について定めた環境再生保全機構法を改正し、同基金を患者の救済費用にも充てる考え。基金は国やカネミ倉庫、PCBを製造したカネカなどで出し合い、認定患者に医療費と通院交通費を支出する方向で検討中。
 山田氏は来週にも自民、公明両党幹部らと改正案について意見交換。超党派の議員立法として、延長が予想される今国会の衆院環境委員会に提出したい考え。
 患者ら約40人は救済の動きを歓迎する一方、健康管理手当支給を訴える声も相次ぎ、山田氏は「ハードルは高いが党として検討してみたい」と述べた。診断基準見直しや民間療法の費用負担も検討するという。
(長崎新聞、6/19)

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kanemi/2011/06/19105118.shtml
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ