2011/11/17

『ミッション:8ミニッツ』  映画

『ミッション:8ミニッツ』
よく練られている。最近、見たSF映画では、『ミスター・ノーバディ』と並んで、よくこれだけ練ったなあと感心するところはある。

しかし、『ミスター・ノーバディ』は、そのユニークな物語の果てに、へぇ、こういう観点の表現っていうものもあるのか・・と思わず、唸ってしまうような、いわく言い難い気持ちにさせられるところがあったのだが、この『ミッション:8ミニッツ』は、これだけ凝った構造の果てに、伝えたいことって、そんなごく普通の家族ドラマのようなことなのか・・って、個人的にはなんか、違和感が残ってしまって・・。そういうことなら、別に、これ程、凝ったSF的設定の物語を紡がなくても、普通に家族ドラマで描けばいいのではないか・・とちょっと思ってしまったのだ。まあ、ごく日常的な、なんてことがない情景が、凝ったSF的設定によって、輝いて来る・・というのをもしかしたらやろうとしたのかもしれないが。単に僕が求めたものがちょっと違ったのであって、決して出来が悪い作品ということではないのかもしれないが、個人的には、もっと、SFならではの、独自のビジョンみたいなものを見せて欲しかった気がしたな・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2011/11/17  22:53

 

【ストーリー】
デビュー作「月に囚われた男」が評判となったダンカン・ジョーンズ監督の第2作。シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破事件が発生。犯人捜索のため政府が遂行する極 ... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ