2012/2/2

『くらやみの速さはどれくらい』  SF小説

エリザベス・ムーンの『くらやみの速さはどれくらい』という小説をついに読んだ。
この小説は、すでにネビュラ賞受賞をはじめ、SF小説の名作として高い評価を得ている。21世紀版『アルジャーノンに花束を』とも言われている。(翻訳者は『アルジャーノンに花束を』と同じ、小尾芙佐である。)
たしかに、『アルジャーノンに花束を』に通じるところがあるとも思うが、しかし、総体の感触は『アルジャーノンに花束を』とは大きく異なるものだと言えるだろう。
自閉症(この主人公の場合は自閉症というよりアスペルガ−症候群と言ったほうがより適切なのかもしれないが)を題材にしたSF小説という、珍しいコンセプトにチャレンジし、小説でこんなことが表現できるのかという驚くべき表現を獲得していると思える。正直、SFと本当に言えるものなのかどうかはよく分からないところがある。といって、これはこの小説はSのサイエンスの要素が欠けたただのファンタジーではないかという意味ではない。ただのファンタジーとするには、あまりにも描写が精緻でリアル過ぎると思うからだ。だから、その意味ではやはりSFの傑作なのだとは思うのだが、しかし、いわゆる宇宙空間とか、そういうものは一切、登場しなくて、日常的な描写に徹しているということだけでも、これは(これも)SFなのか・・と思わないではいられない。
それにしても、驚くのは、やはりラストの終わり方だろう。こういう物語の終わり方があるのか、果たしてこういう終わり方でいいのだろうか・・と、すっきりしない気持ちが残る。この小説を読んでから、ずっとすっきりしないのである。(かといって不快ということではないが。)
要するに、この小説は、複雑なことを複雑なまま、提出しているのである。そういうことを小説として具体的に提示することが出来たということが驚きであるわけだが、同時に、終わり方がすっきりしない、感動したとも言えず、これでいいのだろうか、よくないのだろうかということが頭の中をグルグルと回る、なんとも言えない中途半端な気持ちになる、つまり、これは現実の世界や人生がそうであるように、複雑なことを複雑なまま提出しているのではないかと思える小説というのは、いったい、なんなのだろう・・と思わないではいられない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ