2005/5/6

漫画家・雑賀陽平氏追悼  マンガ

*漫画家の雑賀陽平氏も尼崎市のJR脱線事故の犠牲者でした。
一瞬、どういうマンガの人だっけ?と思いましたが、「漫金超」の雑誌名で思い出しました。「漫金超」はよく読んでいました。ご冥福をお祈りします。

(ニュース)
漫画家・雑賀陽平さん、尼崎事故で風刺とともに散り

 兵庫県尼崎市のJR脱線事故で犠牲になった兵庫県西宮市の石井利信さん(55)は、東京・銀座の画廊「東邦アート」の大阪支店長として各地を飛び回る一方、若いころは「漫画家・雑賀(さいが)陽平」としても活躍していた。専門誌で、いしいひさいち氏らとナンセンスギャグ漫画を競ったほか、夕刊フジ「関西版」や週刊誌に作品を連載していた。
 石井さんは神戸市生まれ。少年時代から漫画を描くことが好きで、大学では洋画を学ぶ一方、漫画家として活動。故・手塚治虫氏が発行人を務め、「火の鳥」を連載していた漫画専門誌「COM」の昭和46年10月号で「月例新人賞」を獲得、プロデビューした。
 得意としたのは、4コマやコマ立ての風刺漫画。大阪の出版社が出した同人誌「チャンネルゼロ」や専門誌「漫金超」に、3〜4ページにわたる漫画を掲載、いしい氏をはじめ、ひさうちみちお、大友克洋両氏らと作品を競っていたほか、昭和50年代後半には一時、小紙でも描いていた。
 神戸松蔭女子学院大講師で、漫画評論家の村上知彦氏は「スターウオーズのパロディーなど、SFや恐竜が出てくる新鮮な作品だった。風刺の効いた漫画は、外国人受けしたようで、フランス人の漫画家が来日したとき、石井さんの作品を気に入ってヨーロッパの雑誌で紹介したことがある」といい、いしい氏も「直接、お会いすることはなかったが、かなりユニークな作品を書く人だった」と振り返る。
 20歳代後半で同社入社後も大阪支店で油絵などの展覧会の企画や営業などを担当しながらも、時間を見つけては漫画を描いていたという。
 「専門の油絵は絶対見せてくれなかったけど、漫画は掲載誌などをときどき見せてくれた」と入社以来、一緒に働いてきた同僚は話す。
 その後も、週刊誌や新聞に作品を掲載していたが、約15年前、大阪支店長に昇格してからは、漫画の世界からは次第に足が遠のき、画家や百貨店との交渉などに追われていた。
 前出の同僚も「仕事柄、1年の3分の1以上が出張で、まとまった休みをほとんど取らなかった。まじめで細やかな対応ができ、画家の先生からの信頼も厚かった。ただ、売りたい絵と、営業的に売らなければいけない絵との間にずれが生じ、葛藤もあったはず」と話す。
 そんな石井さんの心の支えとなっていたのは、やはり漫画だったのか。自宅玄関には妻(54)と2人の息子を描いた漫画が飾られ、今年の年賀状にも家族と愛犬のダックスフントのユーモラスな似顔絵が描かれていた。同僚らは毎年、石井さんから年賀状が届くのを楽しみにしていた。
 仕事に追われた石井さんだったが、今年3月末、妻と2人で山口・萩へ旅行に出かけた。2人での旅行は新婚旅行以来初めてだったという。
 同僚は「子供もひとり立ちし、今まで考えられなかったような時間の過ごし方もできるようになったと喜んでいたところだったのに…」と残念がった。
(夕刊フジ) - 5月6日17時2分更新

0

2005/5/6

パンダ外交の意味  時事問題

陳水扁総統がパンダがワシントン条約で保護対象の動物であることを理由に受け取らないとの考えを示しているという記事(5月3日付「パンダ外交はワシントン条約違反だったのか」)にちょっと驚いたのですが、以下の「オヤジライター、かく語りき。」さんのブログの「パンダ物語」の記事を読んでこのやり取りの意味に気がつきました。

http://tokimaru.ameblo.jp/entry-3fe2ad12deb4ea7a6aa3d6c80b8dd96f.html

つまりは、ワシントン条約違反というのは国際問題であると。
しかし、中国の国内であるならばパンダの取り引きをしても国際条約に違反してはいないのです。
つまり、陳水扁総統が国際条約に違反しているのではないかとクレームをつけたのは、中国と台湾の問題は国内問題ではなく国際問題であるということを言いたかったのではないでしょうか。そういう意味合いがあったのかもしれません。
0

2005/5/6

JR西日本職員のボウリング大会  ニュース

*遺族の方が憤りを感じられる気持ちは理解できるけれども、勤務時間外にボウリングをしていたこと自体はしてはいけないことだったとは言えません。
一堂に集まっていたなら、もし他の職員が事故の対応のために再出勤することが必要になった場合に連絡をとりやすい態勢にはあったという見方も出来ます。
問題があるとすれば、こうした事故が起こった時に他の職員はどのような態勢で待機すればいいのか、それもただ意味もなく大勢の人間が何もしないで待機していても仕方がありませんから、事故への対応のために具体的に何をすればいいのかのマニュアルが出来ていなかったらしいことではないでしょうか。

(ニュース)
<尼崎脱線事故>ボウリング発覚、社長会見に異様な雰囲気
 マンションに電車が激突するJR史上最悪の脱線事故を知りながら、ボウリングに興じていた職員。兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故は、運転士2人が救助活動をしないまま立ち去ったことに加え、4日、事故電車の乗務員が所属するJR西日本大阪支社の天王寺車掌区でボウリング大会が行われていたことが明らかになった。「本当に申し訳ありません」。深々と頭を下げるJR西日本の垣内剛社長。事故に関する会見開始から約7時間半後、何度も繰り返された光景がまた展開され、関係者は憤りの声を上げた。
 「命より仲間内の親睦なのか」。この日午後5時に始まった記者会見。午後10時ごろに、記者からの指摘でボウリング問題が発覚すると、JR西日本本社内の会見場は異様な雰囲気に包まれた。会見は日付をまたいで断続的に続き、5日午前0時20分すぎ、予定より20分以上遅れて垣内社長が登場した。
 ボウリング大会の報告を受けた際、「考えられない」と絶句したという垣内社長は「大変情けなく、残念な気持ちでいっぱいです。被害者や遺族の方に、誠に申し訳ありません」。さらに、「一体、社内の意思疎通が行われているのか。考えさせられた。たとえ事故を知らなかったとしても、それでは済まされない」と、うつむいたまま唇をかんだ。
 垣内社長はボウリング大会について3日に報告を受けていた。「昼間の遺族への弔問の際には、ボウリング大会のことは話さなかったのか」と記者から問われると、一瞬言葉に詰まり、「詳細な事情を知らなかったので……」と、消え入るような声で答えた。
 一方、脱線した列車が自宅マンションに衝突し、避難生活を余儀なくされている原田博幸さん(28)は「びっくりした。あの大事故のさなかに、事故の発生を知りながらボウリングをしていたなんて。信じられない。ホテル暮らしで疲れは取れないし、精神的にまいっている女性たちもいる。遺族の方々が聞いたら、どんな思いをするか」と憤る。
 また、4日午後11時過ぎに事故現場近くの献花台を訪れた近鉄の元運転士(52)は「運転士だった者として、事故以来、とても情けない気持ちだ。あんな大惨事が起きれば、レジャーや懇親会なんかすべてやめるのが普通だ。国鉄時代からの体質なんだろうか」と、悲しげな表情だった。
(毎日新聞) - 5月5日2時14分更新
0

2005/5/6

連戦氏の訪中をどう評価すればいいのか  時事問題

基本的には、中台関係を話し合いによって解決してほしいと思うのでそのための一歩を踏み出したものとして評価したいのですが、中国側もたとえば「反国家分裂法」を見直すなど、具体的に和平へ向けた態度を示すのでなければ対話とは言えないでしょう。
中国と台湾の間で、武力で問題を解決しないという不可侵条約が結ばれることこそが求められることなのではないでしょうか。
0

2005/5/6

パレスチナ地方選挙第三回投票  イスラエルとパレスチナ、中東

*民主的に選挙をしてハマースが勝ってしまうのは、いくらイスラエルがそれを好まなくても仕方がありませんね。

(ニュース)
パレスチナ地方選挙第三回投票(5月5日)
 5日、西岸・ガザの計84の地方議会で一斉に選挙が実施された。昨年12月に開始された一連の地方議会選挙の第三回目にあたる今回は、西岸地区のベツレヘム、カルキリヤ、ガザのラファハ各市を含み、全体で906議席をめぐる争いになる。公式の開票結果発表は8日だが、6日中にも大勢は判明すると見られる。
 AP通信やアル・ジャジーラ電子版によれば、アブ・マーゼンはハマースに対して閣僚ポストと引き換えに、7月実施予定のPLC選挙を年末まで延期することを提案、ハマースに拒否されたという。
 4日にラーマッラー県の村でイスラエル軍と武装ゲリラが衝突し、ゲリラ2名が殺害されるなど、停戦は今回も崩れはじめ、西岸地区の治安権限委譲も延期された。アブ・マーゼンとファタハの人気が下降線をたどる中、今回の地方選挙でもハマースに圧倒されるようなことがあれば、7月のPLC選挙に及ぼす影響は甚大になるかもしれない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ