2005/5/7

米軍、北朝鮮空爆を立案  ニュース

*北朝鮮が核実験の準備を進めているとアメリカが言っているので、かなり危うい状況のようです。

(ニュース)
米軍、「北朝鮮空爆を立案」 NBC報道、核実験阻止へ  2005/05/07 14:22

 【ワシントン6日共同】米NBCテレビは六日、北朝鮮が準備していると伝えられる核実験を阻止するため、米軍が実験場など核施設への「先制空爆」を行う緊急作戦計画を既に立案していると報じた。
 NBCによると、国防総省は昨年九月以来、グアムとインド洋のディエゴガルシアに駐留するレーダーに捕捉されにくいB2ステルス爆撃機と、F15戦闘機を「警戒態勢」に置き、核施設「除去」の緊急作戦計画が発動されれば、いつでも北朝鮮空爆を実施できる状態にしている。
 しかし、韓国などは軍事作戦に強く反対している。米軍は、北朝鮮が核実験を行った場合には、北朝鮮有事に備えた「作戦計画5029」について、実験直後に北朝鮮攻撃を可能にする内容に更新することを求めているが、韓国側が激しく抵抗しているという。
0

2005/5/7

なぜ首相の靖国神社参拝が問題なのか  時事問題

靖国神社についてはいろいろ言われていますが、やはり僕はA級戦犯を合祀していることが一番の問題かと思います。
なぜかというと、僕は東京裁判を行った歴史的意義を認めたいと考える立場だからです。
そもそもなぜ一部の勢力がA級戦犯を靖国神社に合祀したのか。それは東京裁判史観に異議を唱える勢力が、そのことを訴えるために行ったものであると僕は認識しています。つまり、A級戦犯を祀ることによって東京裁判の意義を否定し見直そうということを意図して行ったものではないでしょうか。
しかし、それは昭和天皇としてもお認めになるわけにはいきませんから、A級戦犯が合祀されて以降は昭和天皇は参拝をおやめになったのではないでしょうか。それなのに首相が参拝されていいのでしょうか。
アメリカが行った東京裁判の意義を否定する、A級戦犯を合祀している神社にアメリカべったりの首相が参拝することは矛盾していると思います。
日本では死んだらみな、仏になるからA級戦犯を祀ったのだという理屈は、そうした矛盾から観点をそらすためのものであるように僕には思えます。
0

2005/5/7

パレスチナ、アッバス議長来日  イスラエルとパレスチナ、中東

*アッバス議長が来日します。
国連常任理事国入りを目指すためにも日本が中東和平に取り組む絶好の機会ですよ、小泉首相。

(ニュース)
アッバス議長、15日に訪日 和平への支援取り付けへ
 【エルサレム6日共同】パレスチナ自治政府のアッバス議長が15日に日本を公式訪問することが、6日までにほぼ確定した。自治政府筋が明らかにした。イスラエルのシャロン首相も訪日要請を受諾しており、中東和平へ向けた日本の積極的関与を示す機会になりそうだ。
 アッバス議長は10日にアラブ、南米諸国による初の首脳会議に出席するためブラジルへ出発し、その後、日本と中国を訪問する予定。今月後半にも予定されている米国訪問を前に、和平進展のため、国際的支援を取り付けたい意向とみられる。
(共同通信) - 5月6日9時28分更新

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ