2005/5/12

ライフ・アクアティック  映画

『ライフ・アクアティック』
素晴らしいのひと言。アメリカの政府がやっていることは支持できないけど、アメリカ映画はやはり素晴らしいものがある。
実はウェス・アンダーソン監督の映画を初めて見た。天才監督と噂は聞いていたけど、これは本当に天才だと思う。やっぱり世の中には本当に才能がある人がいるんだなあ。
この映画の登場人物は僕と嗜好が重なるところはほとんどないのであまり共感を覚えるわけではないんだけど、とにかくすみずみまで映画的な瞬間に溢れている。ハワード・ホークス的だったりフェリーニ的だったりトリュフォー的だったりする、映画的な瞬間にあふれているのだ。
なんといっても、船をまるでフェリーニの映画のセットみたいに三階まであっていろんな部屋に区切られているようにして、それを断面として立体的に見せたことによって独特の空間感覚を造形し得たと思う。ここをビル・マーレイとオーウェル・ウィルソンが移動するシーンのわくわく感。これは2人が喧嘩しているシーンなんだけど、なんと微笑ましい、すがすがしさを持った父と息子の喧嘩の描き方なのか。
ビル・マーレイの主人公を父親のようにみんなが慕う、まるでホークスの映画のような仲間意識で結ばれていながら、しかし、このビル・マーレイはなんとも自分勝手な我がままな男である。あのリチャード・フライシャー監督の傑作『海底二万マイル』の哀愁漂うネモ船長とは大違いだ。なぜこの自分勝手な男が父親のように慕われるのか?
その答えも具体的に提出してはいるんだけど、家族が崩壊した今のアメリカ社会で、だからこそ擬似家族的な運命共同体がいかに成立し得るかを荒唐無稽な形でわくわくさせるように描いてみせたのはたいしたものだと思う。そして、この視点でここに描かれる擬似家族的な愛の形は妙にトリュフォー的な感触がなぜか、あるのだ。
ため息が出るぐらい、映画的な作品である。
0

2005/5/12

不良少年の夢  映画

『不良少年の夢』
花堂純次監督、中岡京平脚本。
しっかりとしたいい映画だった。
ヤンキー先生として知られる義家弘介氏の高校時代の実話を描いたものだが、全体に淡々としたタッチで進みながら、ディテールがつながっていくエピソードの積み重ね方が練られていてしっかりしている。たとえば爪のエピソードからマラソン大会へ行くところとか。さすが中岡脚本。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ