2005/5/16

小泉首相、アッバス議長会談  イスラエルとパレスチナ、中東

*日本、イスラエル、パレスチナの3首脳会談を東京で開催とあるが、果たして日本にまとめられるのだろうか?

(ニュース)
小泉首相、1億ドルのパレスチナ支援を表明

共同会見を終え、握手する小泉首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長  小泉首相は16日、首相官邸でパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談し、総額約1億ドルのパレスチナ支援を表明した。

 また、中東和平に向けて、日本、イスラエル、パレスチナの3首脳会談を東京で開催する可能性を探ることで一致した。

 首相は会談で、中東和平実現に対するアッバス議長の取り組みを積極的に支持する考えを伝えた。議長は、中東和平への日本の一層の支援を求めた。首相は、今年度中にパレスチナ自治政府との閣僚級会議を東京で開くことを提案した。

 また、アッバス議長は、3首脳会談について「東京で出来る機会があれば喜んで応じたい」と表明した。首相も「日本で私と会談したいなら、喜んでその場を設けたい」と述べた。

 アッバス議長は首相にパレスチナ訪問を招請し、首相は「できるだけ近い機会に訪問したい」と応じた。

 首相は会談後の共同記者会見で、イスラエルのシャロン首相が6月にも来日することを踏まえ、「パレスチナ、イスラエル両国に偏ることなく、両国の平和共存に向けた努力を積極的にしていきたい」と述べた。

 アッバス議長は日本の役割について「経済的に重要な支援を行っているが、政治的な影響力も行使して欲しい。日本は地域の国々とバランスの取れた関係を持ち、それが出来ると思う」と期待感を表明した。

 パレスチナ自治政府議長の来日は、2000年8月のアラファト氏以来。
(読売新聞) - 5月16日21時29分更新

0

2005/5/16

アッバス議長、「クローズアップ現代」に出演  イスラエルとパレスチナ、中東

*「クローズアップ現代」にはアッバス議長出演予定です。

NHK「クローズアップ現代」
5月16日(月)放送予定
和平は近づいたのか
〜パレスチナ・アッバス議長〜

暴力の応酬が続いてきたイスラエルとパレスチナ。糸口が見えなかった和平への道筋にいま新たな望みが出てきた。その期待を背負っているのがマハムード・アッバス氏だ。長年パレスチナに君臨してきたカリスマ、アラファト議長の死後、パレスチナ暫定自治政府の新たな議長に就任した。アラファト前議長とは対照的に、アッバス議長は武装闘争の停止と対話を通じた和平の実現を強く訴えてきた。2月にはイスラエルと双方の暴力停止で合意し、イスラエルに拘束されていたパレスチナ人の一部釈放も実現させた。しかしその一方で、イスラエルのヨルダン川西岸での一方的な入植地拡大の動きを止めることが出来ず、パレスチナ過激派からは「弱腰外交」と厳しく非難されている。「非暴力」と「対話」で、パレスチナ国家は樹立できるのか。来日したアッバス議長に聞く。
(NO.2080)

VTR出演 : パレスチナ マハムード・アッバス議長  

   
0

2005/5/16

アッバス議長来日  イスラエルとパレスチナ、中東

*せっかくパレスチナのアッバス議長が来日しているのに小泉首相はお会いにならないのでしょうか。扱いが小さすぎるような気がします。

と思いきや、NHK、7時のニュースを見たら、アッバス議長と小泉首相、会っていましたね。


(ニュース)
パレスチナ:「評議会選、予定通り」アッバス議長が強調

 パレスチナ自治政府のマハムード・アッバス議長が15日、議長就任後初めて来日し、東京都内のホテルで毎日新聞との会見に応じた。アッバス議長は、7月17日に予定されている評議会(国会に相当)選挙について「予定通り実施される」と語った。議長の支持母体・パレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハ内からイスラム原理主義組織「ハマス」の躍進を懸念して選挙延期を求める声が出る中、議長は改めて予定通りの実施を強調したもの。選挙による政治的安定を優先する考えを示したものとみられる。
 アッバス議長は自身のファタハの得票予想について、「多数を取れると思う。ただ、決めるのは国民自身だ」と語った。また、イスラエルが要求している選挙前のハマスの武装解除については、「(ハマスが)将来的に政治組織になるのは可能だ。現段階は(武装解除を)できていないが、解除のために努力していきたい」と語り、ハマスの政治勢力への転換に期待を表明した。
 また、議長就任から4カ月の成果については、「治安は100%ではないが、95%は安定している」と2月の武装組織との停戦合意など、治安面の成功に自信をのぞかせた。
 イスラエルのシャロン首相については、「(ガザ地区からのイスラエルの撤退を先延ばしにする)政策が変われば平和が実現されるが、変わらなければパレスチナやイスラエルの国民にとって不幸だ」とし、ガザ地区からのイスラエル軍撤退がこれ以上延期されないようクギを刺した。自治政府議長の訪日は、故アラファト議長の00年8月以来5年ぶり。【栗田慎一、写真も】
毎日新聞 2005年5月16日 2時45分
0

2005/5/16

コーラン冒とく記事は誤報とニューズウィークが謝罪  ニュース

*あまりの騒ぎに慌てているんでしょうか。

(ニュース)
コーラン冒とく記事「誤り」 ニューズウィークが謝罪
 【ワシントン15日共同】米誌ニューズウィークの編集者は15日、イスラム教の聖典コーランを米軍の尋問官がトイレに捨て冒とくしたとの同誌5月9日号の記事に「誤りがあった」と認めた。また、記事をきっかけにイスラム圏各地に広がった反米デモで死亡した人々の遺族らに謝罪の意を表明した。
 反米デモは、アフガニスタンからパレスチナ、パキスタン、インドネシアなどに拡大。ロイター通信によると、死者は計16人、負傷者は100人を超えており、ニューズウィークが内外から責任を問われるのは必至だ。
 ニューズウィークによると、記事の情報源となった米政府関係者が、同誌がコーラン冒とくの現場としたグアンタナモ米海軍基地(キューバ)の調査に当たった軍の記録を見たかどうかは「はっきりしない」と後に語ったという。
(共同通信) - 5月16日13時32分更新

「コーランをトイレに流した」と報道、反米抗議広がる
 【イスラマバード=平本秀樹】キューバのグアンタナモ米軍基地で、聖典「コーラン」をトイレに流すなど、イスラム教を冒涜(ぼうとく)する行為があったとの米誌報道に、アフガニスタンやパキスタンで多くのイスラム教徒が猛反発し、アフガニスタン東部のジャララバードで、抗議集会の参加者4人が警察に射殺されるなど、同国内で7人が死亡した。

 発端は、米誌ニューズウイークの最新号が掲載した短い記事。複数の情報筋の話として、グアンタナモ基地で、イスラム教徒の被拘束者の平静を失わせるために、取調官が、コーランをわざとトイレの上に置いたり、トイレに流したりしていたと報じた。

 この記事について、パキスタンの野党国会議員で、元クリケット選手の国民的英雄、イムラン・カーン氏が6日、記者会見で、米国を非難し、パキスタン政府は米政府に謝罪を求めるべきだと主張した。与野党を問わず他の政党もすべてカーン氏に同調し、各党支持者が各地で抗議行動を繰り広げる事態に発展した。

 11日には、パキスタンに近いアフガニスタンの主要都市ジャララバードにも騒動が飛び火、市中心部に向かってデモ行進していた市民数千人と行進を解散させようとした警察が衝突した。警察の発砲で市民4人が死亡、70人以上が負傷した。市民の一部は暴徒化し、中心部にある州政府庁舎や、国連アフガン支援団(UNAMA)の事務所、パキスタン領事館など建物20棟が焼き打ちされた。また、12日も、デモ参加者3人が死亡。一方、首都カブールでも同日、大学生数百人が抗議集会を開くなど、騒動はアフガン全土に波及している。
(読売新聞) - 5月13日0時44分更新
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ