2005/6/20

自主制作ドキュメンタリーに関して  

以下は自作のドキュメンタリー制作に関して考えていることをつれづれと書いたものですので、興味がない方は適当に読み飛ばしてください。

決して見る側にどう見せるかを考えない、ひとりよがりのものをめざそうという話ではないんだけど、自分がつくるものを考えるときに、「商品」としてきちっとしたものをつくるということではないのだと思う。
つまり、端的にいって、テレビやPRのドキュメンタリーのようなものを自分は作るわけではない。それでは自主制作でやる意味がないからだ。テレビみたいなものをもしやろうとしても、下手になぞったようなものにしかならないだろうし、それではかえって悲惨である。それなら、僕が個人でやるより、きちっとしたテレビクルーが作ればそうしたものならはるかにいいものが出来るに決まっているからである。だから、むしろ、これはテレビでは放送できないだろうというようなものをつくってこそ、僕が個人でつくる意味がある。いや、それでなければ、僕がつくる意味がない。そういう、何か、テレビでやれないようなことをやることを売りにしなければならない。では、それがなんなのかということが問題であるわけだけど。
もちろん、クオリティはどうでもいいと思っているわけではないので、カメラマンを自分と別につけ、またカメラマイクと別にマイクを用意することは考えていきたいけれども。
自分でマイクをもつというアメリカのドキュメンタリー映画監督、ワイズマン監督の姿勢(ワイズマンは「音」を基盤につくる人らしい)などは(ワイズマンのようにフィルム作品ではなくデジタルビデオで撮るわけだけれども)参考にするべきかと思う。
しかし、社会的な問題を、個人で、テレビなどとは違うものとしてつくっていくとはどういうことなのか? ここを考えないといけない。
今、漠然と考えているのは、ナレーションをプロのナレーターにしゃべってもらうものと、自分(僕)がしゃべるものと並列して分けることだ。これは、社会的な問題を僕個人の「主観」でとらえたもの、「客観」(もちろん、撮影されるものは撮影する制作者の主観によるものだとしても、僕個人がどういう人間かにとどまらない社会的な観点から考えられる「問題」のつかまえ方ということだけど)でとらえたものとで区別される。もしかしたら、「主観」と「客観」がせめぎあうものになるかもしれない。(というか、それがドキュメンタリーというものなのかもしれないけれども。)
ジャンルとしてドラマかドキュメンタリーかということが重要なのではない。つくりてがドラマの場合のように被写体に意図を伝え支持を与えて撮るのでなく、被写体を見つめることから逆に考えていくとか(もちろん、ドラマでもある程度、役者に自由にやってもらってという作り方はあるのですが)、そういう具体的なつくりかたの違いから出てくる、表現されるものの、具体的な違い(たとえば人物のいかなる表情をとらえるかといった)が問題なのだ。結果的に出来る作品がドラマかドキュメンタリーかといったジャンルわけはどうでもいいことである。たとえばペドロ・コスタの映画がそのように分類わけは不可能なものであるように。
0

2005/6/20

映画「電車男」大ヒット  映画

*「映画生活」のSTAYGOLDさんが大バケするかもと書いていたが、本当に大バケしましたね、「電車男」の映画。

(ニュース)
「電車男」3週拡大公開 みんな純愛に飢えている 2週間で観客動員100万人超
 インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」から生まれた映画「電車男」(村上正典監督)のロングランが決定したことが19日、分かった。20日にも観客動員数の100万人突破が確実となり、3週間の公開予定が急きょ、6週間に拡大される。本紙はモデルとなった電車男さん本人から、ヒットの喜びメッセージを独占入手。公開間近の「宇宙戦争」(29日公開)、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(7月9日)のハリウッド超大作を、オタク青年の純愛物語が迎え撃つ。

 「電車男」が予想を上回るヒットで夏休み映画の“邦画代表”に名乗りを上げた。俳優・山田孝之(21)と女優・中谷美紀(29)が共演する同映画は、4日に封切られた。全国192スクリーンと中規模での公開ながら、映画館は連日、立ち見も出る盛況。口コミで話題を呼び、客足は鈍るどころか確実に増しており、急きょ、ロングランが決定。対応に追われる関係者はうれしい悲鳴を上げている。

 映画は彼女いない歴22年のオタク青年の純愛物語。電車の中で出会った美しい女性(エルメス)との恋を、インターネット掲示板の住人たちの力強い“声援”を受けて成就させようとする青年の姿を描く。

 ネットで話題となったこの話を、新潮社が昨年10月に書籍化。同12月に東宝が映画化権を獲得し、3月29日にクランクイン。わずか30日間の撮影でクランクアップした。「タイミングを逃したくない」と映画化権取得から半年あまりで公開にこぎ着ける特急での製作だったが、内容に手抜きはなし。当初の目標だった「スイングガールズ」(昨年9月公開)の興収21億5000万円を超えることも確定的で、書籍も100万部突破確実のベストセラーになっている。

 書籍や映画のモデルとなった電車男さん本人とエルメスさん本人は、その後も交際は順調であることが判明。入手したメッセージには、2人そろって仲良く映画を観賞し「自分ってこんなイメージなんだ。主演のお2人とも神演技でした」などと記されている。

 2人とも思い出のシーンでは号泣したという。でも、ここまでの爆発ヒットは予想外だったようで、電車男さんは「100万人、100万部ってどこの世界の何のお話ですか? 実感がわかず、ひとごとみたいですいません」。エルメスさんは「この本と映画を見て感じた気持ちを、いつまでも忘れないでください」とコメントした。

 24日までの公開予定が7月15日まで延長されることが決定。状況次第ではさらなるロングランの可能性も十分。話題のハリウッド大作「宇宙戦争」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の公開時期と重なる。規模、製作費とも雲泥の差があるが、「電車男」が堂々と“直接対決”に挑む。

◆フジ系連ドラは伊藤淳史&美咲

 原作本も週明けに100万部の大台に乗る。映画に続き、フジテレビ系7月クールの連続ドラマになることも決定。電車男は伊藤淳史(21)、エルメスは伊東美咲(28)。舞台公演の予定もあり、まだまだ電車男ブームは終わりそうもない?

◆初メガホンの村上監督

 「電車男」が初メガホンの村上正典監督(41)は、共同テレビ所属で本職はテレビのディレクターだ。これまで「ラストクリスマス」「ウォーターボーイズ」「東京湾景」「白い巨塔」などの話題作を手掛け、満を持しての監督デビュー。

 今作は急な発注だったにもかかわらず、定評ある丁寧な演出は健在だった。視聴者を実際に目の当たりにすることはできないが、今回は反応を知りたくて封切り後、何度か映画館を訪れた。

 撮った映像を初めて大スクリーンで見た時は「鳥肌が立ちました」。ドラマに比べて映画は「行間の演出ができるのがだいご味」と話す。村上監督自身は“秋葉系”とは「全く逆のタイプの人間」だそうが、「オタクと呼ばれる人たちの、ひとつのことに打ち込む情熱には尊敬します」。

 大ヒットには「素直にうれしいです。若い人が見てくれているのが光栄で新鮮。シンプルな友情物語として見てもらっているのではないでしょうか」。が然、村上監督の映画の次回作にも注目が集まりそうだ。
(スポーツ報知) - 6月20日8時0分更新
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ