2005/7/4

都議選の共産党の見解に関して思うこと  時事問題

都議選についての共産党の見解を知ろうと思って今日の「赤旗」を見たところ、実に共産党ならではの、というか、共産党以外は誰も言っていないことにこだわっている見解をしているようだった。
以下のものだ。


(2005年7月4日(月)「しんぶん赤旗」より)
東京都議選の結果について

志位委員長が会見

 日本共産党の志位和夫委員長は三日夜、東京都委員会で記者会見し、東京都議選の結果について次のように述べました。

 一、わが党を支持してくださった多くの都民のみなさん、奮闘してくださった支持者、後援会員、党員のみなさんに、心からの感謝をもうしあげます。

 一、わが党は、この選挙で、「オール与党」か日本共産党かの選択を訴えてたたかいました。また暮らしと福祉の充実、無駄づかいの一掃、平和と民主主義をまもるなどの政策的訴えをおこないました。

 私たちの政策論戦は、都民の願いにかなったものだったと確信しています。新しい都議会で、公約実現のために全力をあげる決意です。

 一、今回の都議選は、前回の都議選からの四年の間に、二つの国政選挙がおこなわれ、政党間の力関係が大きく変化したもとでのたたかいでした。わが党の首都・東京での得票率は、二〇〇三年の総選挙の比例代表選挙で9・3%、二〇〇四年の参院選の比例代表選挙で9・4%まで押し込まれました。

 そういう条件のもとでのたたかいで、現有十五議席を確保できなかったものの、二人区の文京区と日野市のたたかいで勝利をかちとり、十三議席を獲得したことは、重要な成果だと考えます。また、得票率で10%台を回復したと思われることは、今後の前進への一つの足がかりとなる結果となったと思います。

 一、都議選の結果について、内外の方々のご意見に耳を傾け、多面的な教訓を学び取り、今後の前進の糧としていきます。


以上が引用だが、「現有十五議席を確保できなかったものの、二人区の文京区と日野市のたたかいで勝利をかちとり、十三議席を獲得したことは、重要な成果だと考えます」という風に前向きにとらえているようなのだけれども、やはり議席数が減ったということは事実である以上、そのことを重視して敗因がどこにあったのか?をもっと真剣に考えるべきかと思うのだが。なぜ僕がそう思うのかというと、共産党に悪意があるからではなく、逆に共産党までが社民党のようにジリ貧になってしまってはいけないぞと思うからである。上の共産党のコメントからはそもそも今度の選挙で負けたという認識は伺えず、それに対する敗因の分析も伺えない。議席が減ったのに、負けたことを認めずに、自分たちが勝った「文京区と日野市」ばかりに目がいっているようではこの先、ますますジリ貧になるぞと思えてきてしまうのだが、どうだろうか?

共産党の見解が他の党と違うなと思うのは、「わが党の首都・東京での得票率は、二〇〇三年の総選挙の比例代表選挙で9・3%、二〇〇四年の参院選の比例代表選挙で9・4%まで押し込まれました」「得票率で10%台を回復したと思われることは、今後の前進への一つの足がかりとなる結果となったと思います」という、得票率が延びたという点ばかりにこだわっているところである。このように議席数よりも得票率を問題にしているのは共産党だけだろう。はっきり言って得票率が延びても議席数が減ったのなら意味がないのではないかと思うのだが。
しかも、奇異なのは、上の得票率が延びたという分析は、前の都議選と比較したものではないのだ。本来、前回より得票率が延びたかどうかを比較するならほぼ似た条件のものである都議選同士を比較するべきだろう。「二〇〇三年の総選挙の比例代表選挙」「二〇〇四年の参院選の比例代表選挙」と今度の都議選を比較しても候補者も何も違う条件のもとでの話なのだから、今回の都議選の結果が前回よりも良かったのかどうかを分析することにならないのではないかと思うのだけど。
しかし、なぜ共産党はこのような分析をするのか? それはおそらく次の理由である。共産党は都議選をあくまで国政選挙の予備選挙と位置づけているのである。だから、最近の参院選比例代表選挙の例を出し、今回の都議選の得票率と比較しているのだ。そして、得票率に比例して各党の議席数が決まる選挙制度ならば、議席数が延びただろうと分析しているわけである。
共産党はもともと小選挙区制に反対であり、得票率に比例して各党の議席数を決めるのが民主主義の民意をより反映した選挙制度であると主張している。つまり、共産党がやたらと得票率にこだわるのは、得票率から言えば我々の党の議席数はもっと多いはずなのだという思いが込められているのだ。
小選挙区制は民意を反映させるという点ではたしかに不公平に思えるところがある制度だと思う。だから共産党が得票率にこだわるのは僕は気持ちとしてはまるで分からないわけではない。
しかし、いささか、いや、かなり原理主義的な考え方かと思う。つまり、理屈としてはそうかもしれないけど、あまりに現実に即していないというのか。現実は、とにかく小選挙区制で選挙が行われているのだ。この選挙制度はきちんと国会で民主主義の手続きを通してつくられたものなのだ。違法な選挙というわけではない。(定数是正の点で違憲ではないかという議論はあるけれども。)
共産党がいくら選挙制度に問題があると主張しても、現実の政治の場では議席数が増えれば発言力がそれだけ大きくなるし、議席数が減れば発言力は小さくなる。社民党のように議席がなくなれば発言力はゼロになる。それが現実というものである。その現実を無視して、いくら頭の中で選挙制度が違えばもっと議席数が多いはずなのにと思い描いていても無意味である。現実の政治の場でどれだけの発言力を持ち得るかでいろいろな政策を実現できるか否かが決まるのだから。いくらいい政策を唱えていても現実の政治の場で力がなくて実現性がなかったら意味がないではないか。
この点、共産党とは対照的で、極めて現実主義的なのは公明党だろう。公明党は23人の候補者がいる選挙区の票を守るために、支持者がその議員がいる選挙区にこぞって住民票を移してしまうという政策に出ているのである。これでは他の党がかなうわけがない。
共産党は律義にすべての選挙区に候補者を立てる。明らかに勝ち目がないと分かっている選挙区にも必ず候補者を立てる。もし共産党が公明党と同じように、勝てる見込みがある選挙区に支持者が移動するという政策をとったならば議席数は確実にもっと増えるだろう。しかし、共産党はそんなことはしないだろう。仮に共産党が共産党支持者の人達にそのように勧めたとしても、党のために引っ越ししろっていうのかと反発をかってしまうだろうからだ。公明党の人達のように言われるままに引っ越ししたりはしないだろう。そこが公明党と共産党の違いである。だから、共産党は律義に負けることが分かっていてもすべての選挙区に候補者を立て続け、そのこと自体に意義があると主張し続けるのだろう。その一方でますますジリ貧にならないようにしてほしい、もっと現実に議席数を増やして力をもつためにはどうすればいいのかを考えたほうがいいのではないかと傍目から見ている僕は思うわけだけれども、余計なお世話なのかもしれない。

0

2005/7/4

都議選結果  時事問題

他の都議選結果を見ると、さすがに公明党は手堅い。何しろ、公明党は候補者がいる選挙区に支持者が引っ越しするって言うんだから。さすがにこれは他の政党には出来ない。
共産党もだけど生活者ネットもちょっと減ったんだね。ネットは民主党と連携しているのか、ネットが出るところでは民主党候補は出ないとしているのだけど、それでも議席を守れなかったか。まあ、そうは言っても社民党にくらべればたいしたものではある。
杉並区の中核派系の長谷川英憲氏。教科書問題でビラをまいて頑張っていたようだがかなり下位で落選。
諸派で当選したのは、世田谷区の行革110番の後藤雄一氏。地道な活動がしっかりと評価されているようだ。

(訂正)
「ネットが出るところでは民主党候補は出ないとしている」と書いたけど、よく見たら、日野市、南多摩、北多摩2区など、限られた地域だけだった。民主党との連携がうまくいかなかったというのか、23区などではさすがに民主党が譲ってくれなかったのであおりを食ってしまってネットの議席数が減ったよう。あと日野市が共産党に持って行かれたのが予想外だったのか?
0

2005/7/4

社民党  

*都議選、たった1人の社民党候補者の大久保青志氏が世田谷で1万票あまりしか、とれずに惨敗。落選するにしても、1万票あまりとは。つくづく、社民党は落ちるところまで落ちたものだなあ。


(社民党HPより)
http://www5.sdp.or.jp/

2005年7月3日
東京都議会選挙の結果について(談話)
社会民主党
幹事長 又市征治

 冒頭、今回の選挙戦に際し、公認候補1人・推薦候補2人の擁立にとどまり、社民党に期待する有権者の皆さんに応えられるような戦いが組めなかったことについて、心からお詫び申し上げます。

 今回の選挙戦、側近副知事への丸投げ政治の一方、老人医療費助成の打ち切りなど福祉は切り捨て、開発事業に依然として莫大な財政をつぎ込む石原都政と、これに追随する都議会に風穴を開けるため、「平和・福祉・安心して暮らせる東京」のための1議席を社民党へと訴えてきました。

 同時に、国民が望んでいない郵政民営化や靖国参拝に躍起になり、年金・介護制度の改悪に続き、所得税制の改悪でサラリーマンに究極の増税を押し付けようとする小泉内閣の政治を変える選挙と位置づけ、全力で戦ってまいりました。

 街頭で、社民党の訴えに耳を傾けてくださる有権者の方々は日増しに増え、小泉内閣の政治で暮らしや社会保障、平和への不安が高まっていることを痛感させられる選挙戦となりました。

 残念ながら、石原都政と小泉内閣の政治に対する批判を党候補者への得票に結びつけるには及ばず、悲願であった都議会での議席回復という目標を達成することはできませんでした。

 党が公認・推薦する候補者に1票を投じてくださった有権者の皆さんには心から感謝申し上げると同時に、このような結果に終わった党の力量不足についてお詫びしなければなりません。

 今後、国会では郵政民営化法案の廃案などに全力を挙げ、小泉内閣の政治に厳しく対決し、平和と憲法、雇用と福祉などの課題で党の独自性を発揮するために、一層の努力をしてまいります。

 また、党が地域にしっかりと根付き、活動が有権者の皆さんに見えるよう、組織の強化・再生に全力を注ぎ、次期総選挙を始めとした各選挙戦で党の議席が上積みできるよう、奮闘していく決意です。

以上
0

2005/7/4

追悼 林由美香  映画

*ちょっと忙しかったため、追悼が遅れたが、林由美香。一体、ピンク映画、アダルトビデオ、合わせて何百本、出てるんだろうか?(100本は軽くこえていると思うが。)
ピンク映画の出演作品リストは以下のものがあったけど。
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0374470.htm

遺作が今岡信治監督の『たまもの(熟女・発情 タマしゃぶり)』のような作品ではなく、大蔵映画だというのはむしろ、らしいのかもしれない。大蔵映画も随分、出てたよなあ。すごく面白い作品があったのだがなんだったか? 上のリストを見ると『(生)女子大生 姉妹交換』だろうか? これは映画としてはそれほど傑作というわけではないのかもしれないが、吉行由実との演技合戦は抜群だった。
なんにせよ、ご冥福を祈ります。


(以下、訃報を伝えるニュース)
AV女優林由美香さん遺体で発見、死因不明
 アダルトビデオなどで活躍した女優林由美香(はやし・ゆみか、本名・小栗)さんが、都内の自宅で亡くなっていたことが29日、分かった。35歳。電話に出ないことを不審に思った母親が28日未明に1人暮らしの自宅を訪ね、死んでいるのを発見。警察などに通報した。自宅は施錠されていなかったという。死亡日時、死因など詳細は不明。警察は行政解剖したが、事件性はないとみている。27日が誕生日だった。

 80年代末のAV全盛期にデビュー。美ぼうとスレンダーなボディーでトップアイドルになった。97年の主演映画「由美香」は異色のドキュメンタリー作品としても高く評価され、一般劇場で公開された。

 最近は年に十数本の成人映画に出演し、欠かせない存在になっていた。林さんと4月に会った映画関係者は「元気で変わった様子はなかった」と話している。
[2005/6/30/08:37]


林由美香さん遺作あった、9月に公開
2005年 7月 1日 (金) 09:47
 6月28日に都内の自宅で亡くなっているのが見つかった女優林由美香さん(享年35、本名・小栗由美香)の遺作があったことが同30日、分かった。成人映画「ミスピーチ 巨乳は桃の甘み」で、製作の大蔵映画によると6月4日にクランクインし同6日に撮影が終了したという。公開は9月下旬の予定。落語家快楽亭ブラックが監督を務め、林さんが主演した映画「『四谷怪談』でござる」も、2日から8日まで東京・渋谷のシネ・ラ・セットで公開される。通夜は1日午後6時から東京都板橋区板橋1の48の13、新板橋駅前ホールで。葬儀・告別式は2日午前10時半から同所で。喪主は母冨美代(ふみよ)さん。


林由美香さんは「自殺ではない」
2005年 7月 2日 (土) 09:55
 6月28日に都内の自宅で亡くなっているのが発見された女優林由美香さん(享年34)の通夜が1日、東京・新板橋駅前ホールで営まれ、女優及川奈央ら約600人が出席した。林さんとは12年の付き合いで、遺作となった成人映画「ミスピーチ 巨乳は桃の甘み」(9月下旬公開)も手掛けた吉行由実監督(39)は「自殺じゃない。(睡眠薬を飲んだとすれば)お酒飲んでて、分からなくなっただけじゃないか」と話した。葬儀・告別式は2日午前10時半から同所で。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ