2005/7/28

多数者が少数者を切り捨てていくということ(雑感)  時事問題

中国、インド関係は良好のようにも思えるけれども、チベットからするといい話とは言えないのかもしれません。
結局、大国によって侵害を受けているチベットのような国のことをどうすればいいのか?を考えることが多数者による少数者への人権侵害問題を考えるということかと思います。
僕は、基本的には、資本主義国か、共産主義国かにかかわらず、ともに大国が小国を、あるいは自国の間でも公害などで少数者を切り捨てることで成り立っている、そのような人権侵害が行われている構造があるのが人間社会の本質的な問題であるのではないかと思います。北朝鮮による日本人拉致も、基本的にはやはり多数者の繁栄(利益)のために少数者が切り捨てられるという構造に問題の根があるのではないかと思います。
ですから、資本主義国か、共産主義国かという区分けをこえて、多数者の利害のために少数者が切り捨てられる人権侵害というものを考えないといけないのではないでしょうか?

僕は日本が西欧諸国に比べて特にひどい植民地支配を行ったとは考えていませんし、西欧諸国によるもっとひどい植民地支配からアジア諸国を日本が解放したのだという面はたしかにあるようには思っています。しかし、それでもやっぱり基本的には人類が行ってきた強国が弱国を植民地支配するというのは、現在の観点からの判断ではありますが人権侵害には違いないと思うわけで、昔と今とでは時代が違いますから、昔、そのようなことが行われていたことを現時点の観念で裁くことが出来るのか?というのはたしかに難しい問題でそこまで問うことは無理な面があるのかもしれないとは思うけれども、現在の時点で今後、そうした人権侵害がないような世界を築いていくことを考えることは基本的にいいことであるように思えます。
そのためにも、日本は東京裁判の判決を基本的には受け入れ、その東京裁判を受け入れるということを、東京裁判を受け入れたからといって日本ばかりがとりわけひどいことをやってきたわけではないことを世界に訴え、世界中の国々が行ってきた、または行っている人権侵害について抗議し続けるということの土台にするという行き方がないものかと思うのです。
だから、たとえば中国によるチベットへの人権侵害を訴えるためにこそ東京裁判の判決を受け入れる、東京裁判の判決を受け入れた上で中国が行っているひどいことに対しても抗議する、という論理もあるのではないかと思うのです。中国の言い分を認めるから東京裁判を受け入れるということではなく、人類の歴史的流れとして、多数者による少数者への人権侵害がないような方向に行くことがいいのではないかという考えから先の世界大戦後に行われた裁判である東京裁判を受け入れるということです。
また、このように僕が考えるのは資本主義国から共産主義国に行くのがいいと思うからではありません。共産主義国こそが、ひどい人権侵害を実際にしているわけですから。かといって、「共産主義=悪、資本主義=善」のような図式に収まるわけではないとも思うのです。そもそも資本主義、共産主義というのは社会体制のあり方の違いでしかないし、資本主義から生まれる諸矛盾を克服するものとして共産主義の考えが生まれたのかと思うのですが、現実の共産主義国は資本主義国以上にひどい人権侵害を生む土壌となるものだった、ということかと思います。その意味で、共産主義の考えはたしかに錯誤があったものとして見直されなければならないものかとは思うけれども、かといって資本主義国においても少数者、弱者が切り捨てられていくという人権侵害が起こる構造が克服されそういうことがない社会になっているわけではない、というのが現状であるように思います。ですから、資本主義国、共産主義国の枠をこえて、いかにして人権侵害がないような世界にしていくか?を考える必要があるのではないかと思うのです。

なんか、あまりに理想論みたいな話で、書いている僕自身、読み返して恥ずかしくなるような文章なのですが、僕が漠然と考えていることをまとめるとこのようになりますね。
0

2005/7/28

中国・インド関係  時事問題

*中国とインドの関係がどうなっているのかが気になってきたのでちょっとくぐってみました。

中国とインドの国交関係樹立55周年の今年、温家宝首相は4月9日から12日までインドを訪問しシン首相とともに共同声明を出しました。
共同声明では、インド側は2003年6月の共同文書の文言を踏襲しチベットが「中華人民共和国の領土の一部」であり「チベット人がインドで反中国の政治活動を行うのを認めない」ことを約束。中国側も公式文書としては初めてシッキムをインド領土と認定しました。
ということで、中国、インド関係も現在のところは良好に向かっている模様。
(ただしチベットは切り捨てられているという見方はあるかもしれませんが。)

インドのシン首相は、天然ガスパイプラインはトルクメニスタン、アフガニスタンからのと、イランからのの両方を平行して話を進め、対パキスタン、対中国関係をいい方向に進め、アメリカに原子力協力を取り付けたという風に見ていくと、外交手腕はなかなかのものなのでしょうか?


(ニュース)
中国・インド経済貿易、迅速に発展
2005年4月4日(jp.eastday.com)
 今年は中国と隣国のインドの国交関係樹立55周年だ。ここ数年来、両国経済はともに迅速に成長していると同時に、二国間貿易協力も絶えず発展している。ここで、専門家の予測によれば、両国貿易額が2008年まで、200億ドルに達し、2010年は300億ドルを超え、両国経済貿易協力は分野開拓、共同発展の新時代に入っている。

 王丙辛・商務部アジア司司長の説明によれば、ここ数年来、中国?インド両国経済貿易協力は迅速に高騰している。2004年の両国二国間貿易総額が初めて100億ドルを超え、前期の120億ドルの予期値を超え、136億ドルに達し、前年に比べ80%近く増え、当年の中国と南アジア各国貿易総額の約7割を占める。

 関連統計によれば、中国の対インド輸出の中に、迅速に新規増加する分野は電気設備、機械、医薬、化工製品などを含み、インドの対中国輸出上昇の潜在力が比較的大きな分野は自動車部品、情報科学技術製品、医薬、農産物など。

 専門家の見方からすると、中国・インド国交関係樹立以来、特に20世紀90年代以来、二国間経済貿易協力の迅速な発展はまず、両国の日増しに頻繁になっている上級指導部の交流、絶えず推し進めている政治相互信頼と経済貿易、文化教育などの各分野の協力のおかげだ。

 インド元首相のバジパイ氏は2003年、対中公式訪問期間、中国の数人の指導部とは会談した。双方は中国・インド関係原則と全面協力宣言などの11件の協力文書を締結、両国の各分野における交流と協力を強化する。

 温家宝・中国国務院総理は2005年「全国人民代表大会と全国政治協商会議」期間、記者の質問に答えた際、中国・インド国交関係樹立55周年は中国・インド友好協力の新しい起点となるよう願うと明らかにした。

 中国とインド経済の迅速な発展も両国の経済貿易協力強化のために行き届いた基礎を築き上げた。ここ数年来、インドは経済改革と対外開放を通し、製造業とサービス業を強力に発展させ、観光業を開発、比較的高い経済成長を実現した。マンモハン・シン・インド首相はインフラ改善、外資誘致などの一連の措置をとり、インド経済を振興させている。

 スタンダード・プアーズの予測によれば、アジア地域は石油価格引上げと昨年年末のインド洋津波災害の影響を受けたため、経済の総体的な成長率がある程度下がったが、インドは下がっていない。

 
0

2005/7/28

山田宏一氏の連載がある雑誌が創刊  映画

『フリースタイル』という雑誌が出ましたが、山田宏一氏の連載があるようです。

http://webfreestyle.com/freestylevol1.htm
0

2005/7/28

『姑獲鳥の夏』  映画

テアトル池袋は水曜日1000円なのでつい『姑獲鳥の夏』を見たのですが、自分には合わないタッチのようです。映像が無駄に(というか、ストーリーとあまり関係ない部分で)凝り過ぎかと思いました。
でも、思ったほど、おどろおどろしいものではないところは悪くないものなのかもしれません。
ストーリー自体はこれだけの話を考える作家というのは凄いなあとは思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ