2005/8/4

昨日の書き込みの補足  

杉並区で「新しい歴史教科書」が採択されるかどうかは4日には決まらず「継続審議」になりました。
0

2005/8/4

『亡国のイージス』  映画

阪本順治監督は金大中事件を題材にした『KT』は左寄りかと思いましたが、今度は右寄りか?
なんてことを思いながら見に行きましたが、見出したら、そんなこと、どうでもよくなりました。
たしかに破綻していてつっこみどころも満載ですが、阪本監督らしい、男っぽくてかつ人情味もある(というか、浪花節的なところもある?)アクション映画かと思います。
防衛庁に協力してもらってこんな出鱈目なB級アクション映画をつくっちゃっていいのかなーとは思いましたが。
結局、大向こうの「国家」ということがテーマなんですが、そう言いながらもこの『亡国のイージス』の登場人物たちは、家族とのことや上司との人間関係など、個人的なことが最終的にはベースになって動いている部分があるように思います。結局は人を動かすのはそうしたことだということなのでしょうか? そうした人物の行動の動機の「国家」と「個人」のことの絡み合いを描こうとしていたのは、『KT』もそうだったのですが、『KT』に続きこの『亡国のイージス』という映画でも主要な部分なのかと思いました。
冒頭の喧嘩のエピソードや絵をめぐるエピソードで男の登場人物たちのキャラクターと関係性(どのような上司と部下の関係かなど)を示して描くのが巧みかと思いました。
一方、女性が絡むエピソードがいまいち、分かりにくい気はします。特に、女の某国の工作員(チェ・ミンソ)のエピソードが説明不足で展開が唐突に思えます。この女工作員の兄(中井貴一)との関係とか、もっとエピソードを盛り込む必要があったようには思います。
北野武監督の映画もそういうところがあるのですが、どうも阪本監督も、男同士のハードボイルドな関係はうまく描くのだけど、男と女の間の感情の機微みたいなものは描かれず、そうした面が説明不足になってしまっているので、展開が唐突になってしまっているところがあるように思います。
それにしても、原田芳雄が演じる総理大臣をはじめ、政府首脳がやたらと「アメリカはどう言っている」とアメリカの意向を気にしているのはリアルな気がして笑うに笑えませんね。
0

2005/8/4

戦後60年決議、衆院で採択  ニュース

*今回の決議案には「十年前の『歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議』を想起し」という文言が入りました。この『歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議』というのは村山内閣のものですから、社民党は今回、賛成に回ったようです。

(ニュース)
戦後60年決議、衆院で採択 「植民地支配」盛られず
2005年08月02日13時09分、asahi.com
 
 衆院は2日の本会議で、過去の行為への反省や核兵器廃絶への努力などを盛り込んだ「戦後60年決議」を自民、民主、公明、社民の4党の賛成多数で採択した。戦後50年決議で記された「植民地支配」や「侵略的行為」の文言は入らなかったが、同決議を踏まえることを明記することで民主、社民両党が賛成に転じた。

 戦後60年決議では、「わが国の過去の一時期の行為がアジアをはじめとする他国民に与えた多大な苦難を深く反省し、あらためてすべての犠牲者に追悼の誠を捧(ささ)げる」と記し、「唯一の被爆国」として核兵器の廃絶などに最大限の努力をする姿勢を示した。

 この決議案は、河野洋平衆院議長の指示に基づき衆院議院運営委員会で検討。民主、社民両党は当初、「戦後50年決議より後退している」と反発したが、「10年前の『決議』を想起し」という文言を加えることで折り合った。共産党は「植民地支配」や「侵略的行為」が入っていないことを理由に反対に回った。


(ニュース、しんぶん赤旗)
戦後60年 侵略戦争合理化の決議
衆院本会議
自・民・公・社が強行
共産党反対「政府見解にも反する」

 自民、民主、公明、社民の四党は二日の衆院本会議で、歴史の事実をゆがめ、侵略戦争を合理化する戦後六十年の決議を強行しました。日本共産党は反対しました。
------------------------------------
 決議案は先月末に与党が提案。日本共産党は、わが国の侵略戦争と植民地支配への明確な反省が不可欠だと主張しました。しかし、自民、民主、公明が提案した最終の決議案は、「十年前の『歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議』を想起し」との文言が盛り込まれました。

 この十年前の「戦後五十年決議」は、「世界の近代史上における数々の植民地支配や侵略行為に思いをいたし、わが国が過去に行ったこうした行為」として、世界列強が行ってきたことと日本の行為を同列視する「どっちもどっち」論にたち、日本の侵略戦争と植民地支配を合理化するものでした。

 これを想起するとした今回の決議は、日本の侵略や植民地支配についてまがりなりにも「反省」を表明してきた政府の公式見解にも反するものです。

 日本共産党の穀田恵二議員は同日の議院運営委員会で、「戦後五十周年決議を想起させることは到底認められない」、「わが国の歴史認識があらためて厳しく問われており、植民地支配と侵略戦争への明確な反省を欠いた決議に反対する」とのべました。


*参考
歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議(終戦五十年国会決議、不戦決議)は、1995年6月、村山富市自・社・さ連立政権下の衆議院で出された国会決議。社会党が最初に提出した草案は自民党他の反発にあい表現の大幅な修正を余儀なくされる。修正案は、衆議院502議員中251人が投票し、230人が支持票を投じた。14人の共産党選出議員がより率直に謝罪を表明する表現を求めて反対。政権党の議員70人を含む241人が欠席。政権党の欠席議員の内、50人は斯様な議決はそもそも不要とする保守派の自民党議員。14人の社会党員は修正案が譲歩しすぎているとして欠席。新進党の議員は141人が欠席。参議院では見送られた。


本院は、戦後50年にあたり、全世界の戦没者及び戦争等による犠牲者に対し、追悼の誠を捧げる。また、世界の近代史上における数々の植民地支配や侵略的行為に思いをいたし、わが国が過去におこなったこうした行為や他国民とくにアジアの諸国民に与えた苦痛を認識し、深い反省の念を表明する。われわれは、過去の戦争についての歴史観の相違を超え、歴史の教訓を謙虚に学び、平和な国際社会を築いていかなければならない。

本院は、日本国憲法の掲げる恒久平和の理念の下、世界の国々と手を携えて、人類共生の未来を切り開く決意をここに表明する。右決議する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ