2005/10/14

疑問だらけ「平壌の外交筋」  時事問題

今朝のスポニチ 「重村智計 梹謐゙メモ」より

 北朝鮮の労働党創建記念日には、ついに後継者の発表はなかった。こう表現すると簡単な話だが、メディアの報道の視点から考えると、問題が多かった。
 10月10日の党創建記念日の前に、新聞やテレビは「後継者発表か」との報道を、大々的に行った。しかし、冷静に考えれば後継者発表があるわけがないのである。
 日本のメディアを動かしたのは、ロシアのイタル・タス通信の報道であった。「平壌の外交筋」の話として、後継者の指名が行われる可能性があるし、年内にも党大会が行われるかもしれない、との内容であった。これに、日本のマスコミは飛びついた。
 しかし、この記事が「平壌の外交筋」と書き出していることに、まず疑問を抱くべきだった。新聞や通信の記者が「外交筋」との主語を使った場合には、信頼度が落ちると判断すべきだ。記者が情報に自信がない時に、使う言葉だからだ。
 外交筋と使うのは、情報源を秘匿し迷惑がかからないようにするために、使うのである。だから、本来なら「北朝鮮外務省高官」「ロシア大使館高官」「西側の外交官」など、もう少し特定できるニュース・ソースや主語を使うべきなのだ。「外交筋」の用語は、新聞記者が「作文原稿」や「書きどく原稿」を書くときに使うことが多い。
 それでも、平壌ではニュース・ソースが危険にさらされる可能性が高いから、との言い訳はできるだろう。だが、平壌で後継者問題を外国人に語る北朝鮮の当局者は、すぐに逮捕され処刑される。タス通信の支局はもとより自宅も、完全盗聴されている。タス通信の特派員も完全監視と尾行下にある。こんな状況で、後継者に関する極秘情報など取れるわけがない。
 また、タス通信の記事は後継者として「金正男」「金正哲」「金正雲」の3人が、横一線で並んでいると伝えた。これは、間違いである。平壌の中枢や北朝鮮高官の間では、日本で拘束された「正男」氏は後継者から完全にはずされた、といわれて久しい。平壌に帰れず、北京に居を構え中国政府の保護下で生活し、海外に出かけている。
 こうした事情や情報を、タス通信の記者が知らなかったというしかない。新聞記者の常識からすれば、タスの記事は誰も確認も否定もできない「書きどく記事」というしかない。タイミングよく記事を出稿したのは、ベテラン記者である。(早稲田大学国際教養学部教授)
0

2005/10/14

障害者自立支援法案、参院通過  障害者問題・教育問題

(ニュース)
自立支援法案が参院通過 障害者に利用負担求める
 障害者への福祉サービスを一元化し、利用料の原則1割負担を求める障害者自立支援法案が14日、参院本会議で自民、公明両党の賛成多数で可決された。衆院に送付、今国会で成立する見通し。
 同法案は、これまで身体、知的、精神の障害種別ごとに分かれていたサービス体系を一元化する内容。利用料が収入に応じた負担から原則1割負担に変わる一方、市町村の在宅サービスに対する国の財政負担を義務化し財政の安定を図る。
 現在公費補助がある精神障害者通院費用、人工透析患者など「更生医療」や障害児など「育成医療」対象者の医療費も原則1割に引き上げられる。施行は来年4月。
 同法案は障害者団体などからの負担増への反発が強く、先の国会では審議が難航。衆院は通過したが、参院で審議中に衆院が解散されて廃案となり、今国会に再提出された。
(共同通信) - 10月14日11時39分更新
0

2005/10/14

100万円で劇場公開映画をつくった!?  映画

広島県の横川シネマで公開された映画『横川サスペンス』、なんと製作費100万円でつくったというのだけど、いったい、どうやってつくったんだ?
しかも、下記のリンク先によると3500人の観客動員だったらしい。
それならもうかっているじゃん!
まあ、「100万円」というのがどういう計算によるものかということもあるのかもしれないが。

http://www.si-ta.net/yokosus/index.cgi

『横川サスペンス』、製作費100万円でつくったというのは以下に書いてあります。

http://www.rcc.net/e-town/mm/bn/050528.html
0

2005/10/14

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議の集会のお知らせ  公害・薬害・環境・医療問題

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
記念フォーラム
〜環境ホルモン・PCB・アスベスト・食品の重金属汚染〜

10月29日〜30日
会場 中野サンプラザ

10月29日 午後2時〜5時
第1分科会 食品の重金属汚染  講師 立川涼代表(7階第7研修室)

第2分科会 アスベスト  講師 中地重晴アスベストチーム座長(7階第8研修室)

10月30日 午前9時30分〜12時
記念講演会 8階第1研修室
特別報告  PCBの人体汚染(初めて普通の人を調べて)  講師 深田秀樹千葉大学助教授
記念講演  環境生殖学入門  講師 堤 治 東京大学教授

参加費 各日 1000円(国民会議会員500円)
主催 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
TEL03−5368−2735 FAX03−5368−2736
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ