2005/11/10

『TAKESHIS’』  映画

個人的には『ソナチネ』が北野武監督の映画の最高作だとこれまで考えていましたが、ついに『ソナチネ』をこえる作品に出会えたと思いました。すなわち、最高傑作であると思います。
僕は北野監督の映画は『ソナチネ』と『みんな〜やってるか!』がダントツに好きで、『HANA−BI』以降の作品はどうも乗り切れなくて、おかしいなと首を傾げてきた人間なのですが、本作で『ソナチネ』『みんな〜やってるか!』の頃のあの感覚が戻ってきたようで嬉しくなってしまいました。しかも本作は『ソナチネ』と『みんな〜やってるか!』を合わせたようなところがある作品なのですから、これはもう個人的には北野監督にはこうした作品をつくってほしいと期待していた待望の作品が登場したと今回ばかりは手放しで絶賛するしかありません。
まずなんといっても痺れるのは、たけしが2役で、スターのビートたけしと、役者をめざすコンビニ店員の北野武の、2人の人間を演じている話なのだけど、フリータ−のコンビニ店員の北野武がスターを夢みる話が軸になっているわけではなくて、むしろスターのビートたけしのほうがコンビニ店員の北野武を夢見ている話が軸になっていることです。すなわち、売れないフリータ−がスターを夢見るのはごく普通の常人の発想なんだけど、スターが売れないフリータ−だったらと夢見るところがなんともたけしらしいアナーキーさで痺れてしまうのです。
スターが貧乏生活に憧れ夢見る本作は、そのため、四畳半的な生活感に溢れていて、それがなんともいいと思います。『HANA−BI』以降の作品に乗れなかった大きな要素として、どうにも綺麗な夢想の画面をつくりこみ過ぎてしまっている感じがして、あまりに虚構の空間をつくりこみ過ぎているのではないかと感じる点があったのですが、今回の作品は四畳半的な風景がそのまま投げ出されていて、つくりこまれていないところがたまらなくいいと思います。しかし、語られる世界は夢そのもののようで、つまり夢の世界を空間としてつくりこまずに現実の空間をそのまま投げ出すような形でひたすら見せているという、僕にとっては最も興奮する形に仕上がっています。
また、編集、音楽もこれまでの北野武の映画とは違う、なんともユニークな達成を遂げていると思います。
編集ではやたらとモンタージュ的なインサートがさしこまれるのだけど、でもさしこまれるカットでの芝居自体は長くきちんと見せているのです。つまり、あるカットとあるカットを組み合わせてその間に抽象的な意味を発生させようとしているのではなく、長く芝居を撮っているカットの間にぽっと変なカットがインサートされるのを基本にしているのです。そのため、芝居そのものはきちんと見せていて、芝居から生じるコントの味わいもちゃんと生かして見せるものになっていると思います。
考えてみると、もともと芸人のたけしには、人生をいかに遊んで過ごすのか的な、ひたすら遊びを徹底することで死までの時間をつぶすという人生観があるものと思われます。それが同じ動作や行動を何度も繰り返すという、「繰り返し」によって日常のやるせなさを出すという表現方法に結び付いているのだと思ってきたのですが、このような繰り返しで見せていく手法は、それ自体がコントになっていて笑わせるものでありながら、無為に生きているフリータ−のような人間のやるせない気持ちをつかまえ表現したものにもなっているのだと思うのです。芸人のたけしとフリータ−の武がこうした点で重なっていくところになんとも人生の哀しみみたいなものが溢れ出ているような気がします。
しかし、この編集法は単に日常をだらだらと長回しで撮ってつなげているわけではなく、間にぴりっとしたカットをインサートさせて絶えずイメージを飛翔させる挑発もしているのです。ですから、たとえば『リンダリンダリンダ』のようにだらだら感に過度にもたれかかり過ぎていて単にだらしがないような気がしてきてしまうというわけではなくて、独特のテンポがある作品になっていると思うのです。
さらには、音楽的には『座頭市』のタップダンスのリズムを引き継いだのか、タップが登場し、そのリズムに演歌が絡み、ヒップホップ的な変な音のサンプリングの仕方の混合となっており、そうした不思議な音楽混合世界からなんとも夢想的な砂浜のシーンへと続いていく展開にはぞくぞくしてしまいました。
とにかく隅々まで味わいたい、ご褒美のような作品だと思えました。
北野武監督、こんな素敵な夢のような映画をつくってくれて有難うございました。

*参考
ブログ「瓶詰めの映画地獄」でも絶賛しています。
http://eigajigoku.at.webry.info/200511/article_6.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ