2005/11/29

自分が主人公の映画撮影の権利が入った福袋って  ニュース

*「自ら主人公の映画撮影」ってそんな嬉しいことなんだろうか・・
自分に監督させて映画を撮らせてくれるっていうんならもちろん嬉しいんだけど・・

(ニュース)
自ら主人公の映画撮影も 日本橋三越、来年の福袋
 日本橋三越本店(東京)は29日、来年の初売りで販売する福袋を報道関係者に公開した。税別で800円の食品詰め合わせから1億円で自分の主演映画を撮影する権利が入った福袋まで来年1月2、3の両日で11万個を用意する。
 最高額の1億円の福袋は2つ。1つは松竹のスタッフが購入者を主人公にした映画を撮影する権利が入った福袋。映画館を貸し切っての試写会やパーティーの費用も含む。もう1つは、ダイヤモンドやエメラルドなど5000個以上の宝石と18金などの貴金属(2億円相当)を使った豪華な照明スタンド。
 ほかにも1800万円のガレの花瓶や333万円のチワワの銀製置物、南フランスのサーキットでF1マシンの操縦体験ができる500万円の福袋などをそろえた。
(共同通信) - 11月29日18時36分更新
0

2005/11/29

カネミ油症、患者救済を五島市に要請  公害・薬害・環境・医療問題

*カネミ油症関連ニュース。

(ニュース)
カネミ油症:患者救済、一刻も早く 五島市の会、治療態勢の整備など市に要請/長崎
 「カネミ油症五島市の会」の矢口哲雄会長ら8人が24日、同市の中尾郁子市長を訪ね「支援を求める要望書」を提出した。要望書は「(発生から)37年間も放置された患者の一刻も早い救済を」としたうえで、救済に向けた治療態勢の整備などを求めている。
 要望書は国に対し、(1)全国どこでも無料で治療が受けられる制度創設(2)公害病並みの健康管理手当の支給(3)患者に対する国からの仮払金の返還免除−−を求めた。市に対しては(1)油症患者のための「健康政策室」(2)五島中央病院に油症科(3)油症の悲惨さを後世に伝える「カネミ油症資料室」−−の設置を要望した。
 矢口会長らが患者の現状を説明しながら要望した。中尾市長は「担当部署と協議し、できることから実現したい」と述べた。同会事務局担当の宿輪敏子さんは市長の発言について「油症への理解があり、今後の対応に希望が持てる」と語った。
 同会は五島市内の油症患者約100人で構成。10月9日、発足に合わせたシンポジウムを同市で開いている。【椿山公】
(毎日新聞、2005年11月25日、長崎、地方版)

上のニュースの通り、このところ、カネミ油症被害を訴える運動が再燃してきました。
東京の方でも何かしようということで、12月4日(日)午後1時〜3時、有楽町マリオン前で、カネミ油症被害の恒久対策を求める署名集め、および、街頭宣伝活動を行ないます。自分も参加する予定です。(後記・当日、雨天のため中止になりました。)
こうした街宣活動は、10年ほど前、薬害エイズの運動に参加していた時に何度か、したことがあるけど、久しぶりです。あの当時、薬害エイズの運動は川田龍平氏のカミングアウトや小林よしのり氏のマンガの影響で若い人達に広がり盛り上がりを見せたのですが、とてもそのような状況にはならないでしょうが、カネミ油症の運動もじょじょに盛り上がっていくといいかと思うのですが・・。
0

2005/11/29

ヴェンダース  映画

ヴェンダースの『ランド・オブ・プレンティ』に関しては、いい感じの作品だなと思って好感はもったけど、特に個人的に思い入れするものでもないし、あまり言うこともなかったんですが。
ただヴェンダースらしくちょっと映画マニアっぽいかなと思うのは、ベトナム後遺症の話が出てくることでしょうか。70年代後半から80年代初めにベトナム戦争後遺症映画って流行ったじゃないですか。そういうものの映画的記憶はちょっとあるような気はしました。
僕はヴェンダースは最初、ドイツ文化センターでの特集上映などで出会いました。『パリ、テキサス』が公開される以前で、日本語字幕なしでヴェンダースの作品が上映されていたんですね。それで話は分からないんだけど、映像を見るととにかく凄い監督がドイツにはいると。『まわり道』っていうのが一番、好きでした。で、『パリ、テキサス』を見たら話はなんか、普通だなって(笑)。以降、日本ではメジャーの作家になったんですが、個人的印象は薄れていきました。ゴダールは昔も今も圧倒的な存在として自分にとってはあり続けているんだけれもど、ヴェンダースは印象が薄れてきてしまっていて。字幕なしで見ていた初期作品の印象が強烈すぎました。
0

2005/11/29

もてない要因  

女性の人からあなたはいい人だとは思うんだけど男性としてのセックスアピールを感じないと言われたことがあります。フェロモンみたいなものがないのでしょうか。
だから女性と仲良くなれたとしても、彼氏、彼女の関係に発展しないんですね・・
それではどうすればそのフェロモンみたいなものを身に付けられるのかと思うわけですが、どうすると言っても一夜にしてそういうものが身に付くわけでもないし・・
一夜にしてイーストウッドみたいないい男になれるわけではありません。
(どうも僕はイーストウッドを見ると、ああ、俺はこういういい男じゃないんだよなあ、と思ってコンプレックスを感じてしまい、そのため、イーストウッド作品にはのめり込めないところがあるようです・笑)

だから、まぁ、とりあえず自分の長所と思われるところを延ばしていくしかないでしょう。
僕の長所と言えば、とにかく楽天的でいつも前向きなことではないかと思うので、そうした面を延ばしていこうと思うのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ