2006/1/19

イーストウッド監督で南京事件を映画化  映画

*クリント・イーストウッド監督で南京事件を映画化! イーストウッドは反日か? どういう反応が起こるのだろうか?

(ニュース)
南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演

 【上海=加藤隆則】旧日本軍による1937年の南京事件を題材にしたハリウッド映画の制作が決まり、来年12月の事件70年に合わせ、世界で同時公開されることが明らかになった。
 18日付の上海紙「文匯報」が報じた。
 同紙や制作協力する江蘇省文化産業グループによると、映画のタイトルは「南京・クリスマス・1937」で、当時、南京にいた米国人宣教師の目を通して、旧日本軍が行った中国人への殺害行為を描くストーリー。クリント・イーストウッドが監督を務め、同氏と「マディソン郡の橋」で共演したメリル・ストリープの出演が予定されている。
 中国では旧日本軍が南京を包囲した12月13日を「南京大虐殺記念日」としており、70年にあたる来年は、各種行事が行われる予定。
(読売新聞社、2006年01月18日 23時26分)

追記
この記事、元ネタが中国の新聞でハリウッドのほうからの情報が流れていないので本当なのか?という気もしますが・・。
中国の新聞のネタ記事を真面目に報道しちゃったのか?
でも朝日じゃなくて読売だし・・。
あ、読売はナベツネさんは靖国神社の首相参拝は反対で中国よりになったんですか?
0

2006/1/19

小嶋社長の証人喚問とか東証の全面停止とか(雑談)  時事問題

なんか、相変わらず優柔不断な見解の記事ばかり書いていますが。
考えがまとまらないようなニュースが多い気がします・・。
ヒューザーの小嶋社長の国会での証人喚問や、ライブドアが聴取を受けたことによって東証が全面停止とか、なんでそういうことになるんだ?と疑問に思うのですが・・。
どちらもシステム自体に問題があるのではないか?
小嶋氏があれだけ証言拒否をしてもOKなら国会で喚問している意味がない。国会の証人喚問のシステムに問題がないのか?
また(株価のことはよく分からないんだけど)ライブドア1社の問題でなんで東証が全面停止になるんだ? 東証のシステムに問題があるのではないか?
考えがまとまらないので雑談として書きとめておきます。
0

2006/1/19

西村真悟氏が議員辞職をしないと表明  時事問題

*西村真悟氏が議員辞職をしないと自らのHPで表明された。
 でも「拉致被害者救出運動の大切な時期において、議席を維持しなければならないと判断した」という理由はちょっと本末転倒のような気もするんだけどどうなんだろうか?
 西村氏が拉致被害者救出運動に熱心なことは疑いようもないことだと思うけれども、今回の件はいったん責任をとって議員を辞職し、拉致被害者救出運動は続けながら再び当選をめざすのがけじめのつけ方のように思うんだけど、どうでしょうか?

http://www.n-shingo.com/

いつもお世話になっております。さて本日夕刻、西村代議士は、今後の政治活動に関する意思表明を致しましたのでお知らせいたします。
何卒、宜しくお願いいたします。
衆議院議員 西村真悟事務所

平成十八年一月十七日
各位
衆議院議員 西村 真悟

 まず冒頭に、昨年来の、私に関する逮捕と勾留そして起訴という事態は、私の不明と不徳の招いたものであり、地元の有権者そして国民の皆様に心より深くお詫びを申し上げます。
 そして、それでもなお、私が今まで明確にしてきた政治姿勢を支援するとの思いを寄せてくださった地元と全国の多くの皆様により、私は力強く励まされてまいりました。この生涯忘れえぬご激励に感謝し心よりお礼申し上げます。

 その上で、この事態の中で私が繰り返し内省し自問してきた課題について、本日私の考えをお伝えしたいと存じます。その課題とは、即ち私の衆議院議員としての議席のことであります。
 よって、まず結論として、私は、議員を辞職せずにこの通常国会に臨む方針である旨を申し上げ、以下、その理由をご説明します。

1、そこで、立ち戻るのは、昨年の十一月二十八日に私が逮捕された時点であります。この時、マスコミがこぞって「西村の議員辞職は当然」と主張する中で、何故私は辞職しなかったのか、まず、この時点から申し上げます。

2、そもそも衆議院議員の議席は、「私」のものではなく「公」のものであります。「公」のものでありますから時に辞職しなければならず、時に辞職してはならないのであります。私が今の議席を頂いたのは、昨年九月の郵政民営化一色の総選挙ですが、私は国家の最重要の課題として、「北朝鮮に拉致された同胞救出のために対北朝鮮制裁を断行する」という公約を真正面に掲げた選挙戦を戦いました。これが、私の議席の原点であります。

3、さて、横田めぐみさんの偽の遺骨を日本側に渡した北朝鮮の卑劣な行為に対して、我が国の官房長官は、一昨年の平成十六年十二月二十四日に、「北朝鮮側が、速やかに誠意ある措置を執らなければ、厳しい措置をとる」旨の声明、つまり、対北朝鮮制裁発動を予告する声明を発表しました。

 これを受けて拉致被害者救出運動側は、この制裁予告声明を現実の制裁実行に至らしめるために、政府に制裁発動を求める国民集会を繰り広げ、本声明から六ヶ月を経過した昨年六月二十四日には、家族会が首相官邸近くで座り込みを行い、必死の思いで速やかに制裁を決断するように求めていたのであります。
 しかしこの炎天下の座り込みに込められた願いは、またも官邸に届かず、かえって七月には、総理の任期中における北朝鮮との国交樹立実現の方針が総理の口から発せられるなどするうちに、拉致被害者救出は政府の政治課題から消去されて、政局はただ「郵政民営化」だけに塗りつぶされたうえで、八月の解散と九月の総選挙になだれ込んでいきました。

4、さてこの総選挙後には郵政民営化の騒ぎは急速に過ぎ去り、後に残ったものは、九ヶ月以上も前に速やかな対応を北朝鮮に厳しく求めたにもかかわらず、未だに何もしていない政府の姿でした。
 そこで、拉致被害者救出運動は、制裁予告から一年目に当たる昨年十二月二十四日までには、政府に強く制裁実行を促すべく、国民運動を更に盛り上げることになり、我々拉致議連も各地で行われる国民集会の主催者側として参加することになりました。

5、しかし、私は十一月の熊本と岸和田の救出集会には参加できたものの、肝心の十二月の大阪と東京の集会には無念にも参加できませんでした。

 しかしながら、私自身の身柄は拘束されていても、私が頂いた議席それ自体は、拉致被害者である多くの同朋を救出するという国民の貴い願いと国家意思を体現したものである以上、私はこの拉致被害者救出運動の大切な時期において、議席を維持しなければならないと判断したのであります。
 これが、私が議員辞職をしなかった最大の理由であります。

6、そして昨年暮れに保釈を許されて、一ヶ月の情報遮断の生活から通常の生活に戻り、改めて我が国の政情を眺めましたが、制裁を予告してから一年以上が経過しても、同じビデオを巻き戻しているかのような北朝鮮との「対話」がまたも繰り返され始めていました。
 そして、改めて今この時期に、衆議院議員としての立場からの拉致被害者救出への努力を放棄することは出来ないと思い至ったのです。

 よって、冒頭申したとおりの結論に至ったものであり、これが議員としての誠を尽くす道と確信した次第であります。
0

2006/1/19

宮崎勤の死刑判決  時事問題

宮崎勤の死刑判決について考えがまとまらない。一橋文哉氏の著書『宮崎勤事件』(下記リンク先)など、実は精神異常ではなく精神病のふりをしているという見方はずいぶん、出てきているようだけど・・。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101426244/250-4986926-9363415

かといって、ああした事件を起こした人間がまったく精神異常でないというのも信じられないし。単にロリコンの人間が自らの欲望で事件を起こしてしまい、捕まっても精神異常のふりをしている・・ということだとすると、捕まるのも計算の内だったのだろうか?
まあ、これだけ子供受難の事件が多い中、この事件にああいう判決が出たのは世間一般的には仕方がない面があるのかもしれないけれども・・。
0

2006/1/19

ヨコハマ映画祭ベストテン  映画

ヨコハマ映画祭ベストテン
1 パッチギ! 2 いつか読書する日 3 ALWAYS 三丁目の夕日 4 運命じゃない人 5 リンダ リンダ リンダ 6 NANA 7 火火 8 空中庭園 9 メゾン・ド・ヒミコ 10 さよならみどりちゃん 次点 樹の海

*うーむ、キネマ旬報とかとたいして変わらないか?各映画ベストテンのそれぞれの個性がなくなってきているのだろうか?
0

2006/1/19

朝日新聞にもカネミ油症の記事掲載  公害・薬害・環境・医療問題

(ニュース)
苦悩追い打ち、仮払金返還 健康への不安、世代超え カネミ油症事件被害者

 日本最大の食品公害といわれる「カネミ油症事件」の発生から37年余。被害者は今なお様々な体の不調を訴えて苦しんでいる。そこに重くのしかかるのが、国を相手にした裁判をめぐる仮払金の返還問題だ。公明党や民主党もそれぞれ被害救済のための法案を20日開会の通常国会に出そうと動き始めた。油症がダイオキシン被害であることが明らかになった今、この問題に国はどう向き合うべきだろうか。(豊秀一)
 「名前も住所も絶対内証にしとって下さい」。長崎県内に住む女性(61)はそう言って37年前の出来事を話し始めた。
 68年9月、出産した次女を見て驚いた。肌の色の黒い赤ちゃんだった。「生まれても産声もあげなかった。歯が生えてくると歯並びはがたがたで、つめの色も黒くて」
 次女を妊娠中にカネミ倉庫の油を食べたのだった。「あまりにふびんでつい次女の首を絞めようとしたら、にこーって笑ってね」と話しながら、涙で声を詰まらせた。
 この女性自身も油症と診断され、皮膚の疾患に悩まされ続けた。96年に胆石の手術をし、その2年後に脳梗塞(こうそく)で倒れた。一緒に油を食べた夫も胃潰瘍(かいよう)などで入退院を繰り返している。
 次女は幼いころ病気がちだったが、成長とともに肌の黒さも薄れていった。成人し、油症のことは隠して結婚した。
 その次女が妊娠し、長崎の実家に戻って出産した。「次女は『私みたいな子ができたらどうしようか』と心配していた。生まれた子の肌の色が普通でほっとしたようですが、もう2人目を産む勇気はないようです」
 猛毒のダイオキシンは、子どもや孫の体にどんな影響を与えるのか。この女性も次女も不安にさいなまれてきた。
 油症と認定されると、被害者には加害企業のカネミから23万円の一時金と油症治療券が配布される。ただ、治療券を使える医療機関は限られており、「油症との因果関係が不明」との理由で使えないことも多い。
 日常的に相談できる公的窓口や生活支援の体制などもなく、被害者たちは04年4月、日本弁護士連合会に人権救済の申し立てをした。
 被害の実態調査と2世、3世についての追跡調査▽健康管理手帳や健康管理手当などによる生活制度の拡充−−などを求め、「世代を超えた汚染と苦しみ」が続いていると訴える。
 ●訴訟撤回で27億円「返済」 高齢患者の家計圧迫
 健康被害だけではなく、油症被害者を苦しめているのは、裁判で国からいったん原告側(患者側)に支払われた仮払金の返済問題だ。
 人に対する被害が表面化する前の68年2月、西日本一帯でニワトリ約40万羽が大量死する事件があった。
 農林省(当時)はカネミ倉庫の食用油と同じ工程で出来たダーク油を配合した飼料が原因だと突き止めたが、食用油の危険性を厚生省(当時)に伝えなかった。
 ニワトリの被害が出た時点で国がきちんと対応していれば人に対する被害を防げたのにそれを怠った−−。患者団体はそう主張して国を相手に損害賠償訴訟を起こした。
 国を相手取った裁判は3回にわたって起こされ、国の責任を認める判決と否定するものとで下級審の判断は分かれた。
 第1陣訴訟で福岡高裁が84年3月、国に約25億円の支払いを命じる逆転判決を出した。第3陣訴訟で福岡地裁小倉支部は85年2月、国に約2億円の支払いを命じた。
この二つの判決に仮執行宣言がついたため、原告829人に総額約27億円の仮払金が支払われた。
 ところが、86年5月、第2陣訴訟で福岡高裁は国の責任を否定。裁判は最高裁まで争われ、患者側が87年、国に対する訴えを取り下げた。これによって、国はいったん支払った仮払金の返還を患者側に求め始めた。
 患者の多くは受け取った仮払金を生活費や医療費などで使い切ってしまった。年老いた今、「借金返済」が重くのしかかり家計を圧迫している。
 西日本でもとりわけ油症被害が集中した長崎県五島市。漁師の男性(76)は一家8人が油症と認定され、将来を悲観した三男は89年、割腹自殺をした。三男の分も含めて総額2250万円の仮払金を受け取った。
 国の返還請求に対して2人分を返したものの、残り約1600万円の支払いが残っている。
 この男性は「年をとって体もそれほど動かせず、もうこれ以上お金を支払うことはできない」と話す。
 小学1年の時に油を食べたことが原因で油症となった宿輪敏子さん(44)は「カネミ油症五島市の会」で事務局を担当。聞き取り調査をしながら、被害の実態を伝える運動を始めている。
 宿輪さんは言う。「油症であることを隠して結婚した人も多く、患者の元に国からの仮払金返済の督促状が送られたことを家族に気づかれ、油症患者であることがわかって家庭内暴力や離婚の原因にさえなっている」
 債権管理法では、支払いの期限から10年たっても返済の資力がないと判断されない限り、国は債権を放棄できないことになっている。
 このため、日弁連への人権救済の申し立ての中で患者側は、「仮払金の猶予や免除制度の措置」なども求めている。
 農水省畜産振興課によると、17億3400万円の仮払金が未返納で、債務者(患者)は510人。同課は「すでに仮払金を返してもらった人もおり、債権を放棄することは不公平なので難しい」としている。
 ●研究・医療、立法化へ動き
 今月12日午前。長崎市内で、カネミ油症五島市の会の矢口哲雄会長(81)らが公明党の坂口元厚労相と面会、「一刻も早い救済」を求めた。
 公明党は被害者救済のための法律案を通常国会に提出する方向で議論を進めている。
(1)ダイオキシン規制法を一部改正し、ダイオキシンが体内に入った場合の何らかの対策を盛り込む(2)有害化学物質で健康被害を受けた人に対して、国がその調査研究をすることへの協力金という形で金銭を支出する−−という二つの選択肢を検討。党ダイオキシン対策本部で調整し、自民党に働きかけていく方針。
 一方、仮払金の免除について公明党は「公平の観点から立法化は難しい」との立場だ。
 坂口元厚労相は「長い間PCBによる被害と思われていたが、より毒性の強いPCDFが主な原因だとはっきりした以上、被害対策を見直す必要がある」と話す。
 民主党も「カネミ油症被害者等に関する法律案(仮称)」の検討を進めている。(1)油症被害の研究体制や医療体制などの整備(2)油症被害者の心身の状況に応じた保健医療サービスや福祉サービスの提供(3)仮払金返済の全部または一部の免除−−などが検討の対象だ。
 民主党カネミ油症救済対策ワーキングチームの山田正彦座長は「ダイオキシンの被害が世代を超えていくことは明らかで、早期の立法的解決を図りたい」と話す。
 ただし、自民党も含めて与野党間で具体的合意に至るには時間がかかりそうだ。
 ■カネミ油症をめぐる主な動き■
 1968年2〜3月 西日本一帯で、カネミ倉庫のダーク油を配合した飼料を摂取したニワトリ約40万羽が大量死
      10月 カネミ倉庫が製造した米ぬか油を食べた人たちが体調不良などを訴え、社会問題化
  69年  2月 福岡市周辺の患者がカネミとPCB製造元の鐘淵化学工業(鐘化)などを相手に初の損害賠償請求訴訟(福岡民事訴訟)を起こす
  77年 10月 福岡地裁がカネミ、鐘化に賠償命令
  84年  3月 第1陣訴訟で福岡高裁が国に賠償命令
  85年  2月 第3陣訴訟で福岡地裁小倉支部が国に賠償命令
  86年  5月 第2陣訴訟で福岡高裁が国と鐘化の責任を否定
  87年  3月 最高裁の和解勧告を受けて原告側と鐘化が和解。その後、各原告団が随時、国への訴えを取り下げる
  97年  3月 国が患者らに一斉に仮払金返還の調停の申し立て
  04年  4月 カネミ油症患者らが日弁連に人権救済を申し立て
       9月 厚生労働省の「全国油症研究班」がダイオキシンの一種、PCDFを認定基準に追加
 ◆キーワード
 <カネミ油症> 1968年、カネミ倉庫(本社・北九州)製造販売の米ぬか油を食べた人たちが皮膚炎や内臓疾患を訴えた食中毒事件。約1万4千人が被害を届けたが、認定患者は昨年12月末現在で1892人。当初は製造の過程で使用されたポリ塩化ビフェニール(PCB)が米ぬか油に混入したことが原因とみられた。
 しかし、その後、PCBを加熱するとできるポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)などの毒性の強いダイオキシン類が主因と判明。坂口元厚労相は01年12月、国会でダイオキシン被害と認めたうえで油症の認定基準の見直しを表明し、従来の判定法に加え、04年9月にダイオキシン類の一種であるPCDFの血中濃度を判断基準に加えた。
その結果、04年以降、新たに25人が認定された。
(朝日新聞、2006年1月18日朝刊)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ