2006/1/28

『三年身籠る』  映画

唯野未歩子の初監督作品。
浮気性の夫(西島秀俊)に悩まされる妻(オセロの中島知子)が身籠った子供がなかなか産まれず、ついに3年、身籠ってしまう。
女性監督の作品を「どうしたらこんな発想をするんだろう。女性の発想と感性は凄いなあ」という風に言うと、そういう見方は女だから、男だからという先入観で見ているのではないか?なんて批判されるかもしれないんだけど・・
でも、こういう映画を見ると、やっぱりそう思ってしまう。

これは西島秀俊(この役はまさに西島が適役)が演じる未熟な男が父親になることを自覚するまでの物語でもあるのだろうか。

以下は、この映画がそういうことを言っているわけではないのだが、連想して思ったことだけどー。

今の時代は子供が産まれても父親としての自覚が持てない未熟な男が多い。だから産まれるまでの準備期間が3年ぐらいあったほうがいいのかもしれない。成人になるまでの準備期間が20年では足りず30歳成人説が言われるようになったように父親であることを自覚するまでの期間が3年いるのではないだろうか。もちろん実際には人間の体が3年身籠ることは不可能なんだけど、だから子供が3歳になるまでは父親はまだ父親になっていないのかもしれないなあと。今時の未熟な男は子供が3歳になった頃にようやく父親としての自覚が持てるようになるのかもしれない。

追記
あとでパンフレットを読んだら唯野未歩子監督自身が似たようなことを書いていたのを発見したが、上で僕が書いた連想はその文章を読む以前に書いたもので、映画を見ながら連想したことである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ