2006/2/14

自民、公明党がカネミ油症救済法案作成へ  公害・薬害・環境・医療問題

(ニュース)
カネミ油症の患者救済 与党が法案作成へ
 一九六八年に福岡や長崎を中心に西日本一帯で発生したカネミ油症事件で、自民、公明両党は十日までに、プロジェクトチーム(PT)を近く設置し、患者の救済法案を作成する方針を固めた。公明党の原案をたたき台にPTで協議し、野党にも呼び掛けて超党派で今国会中の提出を目指す。
 公明党原案の骨格では、油症の原因であるダイオキシン類などで健康被害を受けた人の実態把握を国に義務付け、自らの症状を研究データとして提供した患者に「協力金」を支払う。患者の経済的な負担を軽くし、救済を図りたい考え。金額や対象者はPTで詰める。
 一方、カネミ油症事件をめぐっては、国が患者側に対して裁判の下級審段階で支払った仮払金の返還を請求している。患者側は免除を求めているが、今回の救済法案でこの問題まで踏み込むのは難しいとみられ、ほかの解決策が必要となりそうだ。
 カネミ油症は、米ぬか油に混入したポリ塩化ビフェニールと、それが変化したダイオキシン類との複合中毒。効果的な治療法はない。発生当初、約一万四千人が被害を届け出たとされるが、認定患者は約千九百人にとどまっている。
 訴訟は下級審で患者側が勝訴。原告一人当たり数百万円を受け取ったが、最高裁で逆転敗訴の可能性が高まったため、八九年までに和解が成立、患者側が訴訟を取り下げた。
(2006年2月11日、熊本日日新聞朝刊)
0

2006/2/14

肉体労働にチャレンジ  

かなりお金が苦しくなってきたので建設現場でのアルバイトにチャレンジ。軽作業ですが、一応、肉体労働。続くかな〜?(なんか、情けない・・)

あ、そういや、バレンタイン?
まったくなんの関係もないのですっかり忘れていた(笑)。今年も当然のようにチョコレート1枚もらわないでしょうが(つーか、今日、知っている女性にひとりでも会うかどうか?)。義理チョコも含めてチョコレートなんて10年ぐらい、もらったこと、ない気がする・・。(な、情けない・・)
そこまではいかないか?義理チョコなら仕事をたまたまその時期に一緒にしていた人にもらったことがあったような・・?いつの話だっけ?・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ